« 生成AIとの付き合い方 | トップページ | 『法学部生のためのキャリアエデュケーション』 »

2024年6月 2日 (日)

連敗脱出

  阪神タイガースが交流戦初勝利。連敗も5でストップということですが,内容はあまり誉められたものではありません。今回は,才木に頼りっぱなしで,今期は彼の超人的な活躍でなんとか乗り切っています。とにかく貧打が半端ではありません。大山は7番に落とされても(今日は6番ですが),全然期待をもてません。打率は2割を切り,まぐれで5回に1回くらいヒットが出るという程度で,とても主軸を任せられる感じではありません。森下は,今日は決勝の先頭打者ホームランでしたが,安定感は低いです。現在の4番は,どうみても1番が最適なはずの近本であり,苦し紛れの打線という印象をいなめません。もちろん1番森下はあってもよいのですが,近本はせいぜい3番でしょう。また,左投手には右打者というのも,あまりあてはまらず,近本は左投手からのほうが,打率がよかったはずです。ぜひ前川も,左投手のときにも使ってほしいです。現在の阪神で一番期待がもてる選手だからです。前川4番でもいいでしょう。
 投手はストッパーの岩崎とゲラ(Guerra)が疲れ気味で不安定となり,自慢の投手力で最少得点をなんとかしのいで逃げ切るという形にできていません。石井と桐敷は安定しているので,それでなんとかまだ勝負になっています。ゲラはこれまでのフル稼働の疲れが出てきているかもしれませんし,岩崎は「勤続疲労」がでている可能性もあります。先発陣は,青柳や西勇輝にはあまり頼らず,才木を中心に,ビーズリー(Beasley),大竹,そして昨年の調子を取り戻してほしい村上と伊藤でなんとか交流戦をしのいでほしいです。門別は1軍に戻してほしいですし,髙橋遥人の1軍復帰が待ち遠しいです。
 さて問題はサトテルです。2軍ではそこそこ打っているようですが,守備に不安が残ります。村上の勝利を2つ消す致命的なエラーをやっているので,守備に不安がある間は,よほどのことがなければ1軍にあげることは難しいかもしれません。とはいえ,守備というのはシーズン中の特守くらいで上達するのでしょうか(ライトを守らせる手はありますが)。ノイジー(Neuse)は守備は安定していますが,打撃にムラがありすぎて,使いにくい外国人になっています。とはいえ,監督お気に入りのミエセス(Mieses)は打てそうにないですし,監督の悩みは尽きないでしょうね。
 まだ5月だから,あれこれ言うのは早いと思います。数年前の阪神からすると,これだけの試合をしていながら3位でいるだけで十分であり,これはまさに監督の手腕でしょう。今期は最後まで大混戦となりそうで,勝負どころは9月以降かもしれません。それまでは勝ったり負けたりしながらも現状をなんとかキープし,最後のラストスパートに向けて,しっかり戦力を整えることが大切でしょう。

« 生成AIとの付き合い方 | トップページ | 『法学部生のためのキャリアエデュケーション』 »

スポーツ」カテゴリの記事