« 水町勇一郎『労働法』 | トップページ | HPの項目追加 »

2024年3月31日 (日)

夏にはリベンジを

 桜の開花宣言があった兵庫県南部で,今日は,春の選抜高校野球の決勝戦がありました。ずっと応援している報徳学園が昨年に続いて大阪桐蔭を破るなどして決勝まで来ました。決勝は,惜しくも23で健大高崎に敗れましたが,相手が強かったです。背番号10のエース今朝丸投手は,変化球が決まらず苦しみながらも,なんとか3点に抑えましたが,打線が相手投手に抑え込まれました。1番の橋本が不調(守備はよかったですが)で,4番の斎藤も打てなかったので,この結果はしかたありません。それでも,飛ばない金属バットの時代になり,守備が重視されるようになった高校野球のスタイルに,堅守の報徳学園は見事にマッチして,十分に存在感を示したと思います。夏のリベンジに期待しています。

 昨年夏は5回戦で神戸国際大付属に敗れました。その神戸国際大学付属に準決勝で勝った社が兵庫県代表として出場しましたが,初戦に日大三高に敗れました。完敗でした。報徳学園が出ていればもう少しなんとかなっていたのではと思ったのは私だけでしょうか。夏の兵庫県大会を勝ち抜くのは,ほんとうに大変です。

 ところで甲子園を高校野球に明け渡していた阪神タイガースは,「アレンパ」を目指して,開幕カードは東京ドームでの巨人戦となりました。完敗の2連敗で始まりましたが,なんとか3戦目に才木の好投と森下の一発で勝てました。ほとんど昨年とメンバーは変わりませんが,今期はレフトで,ノイジー(Neuse)と前川の争いとなりそうです。ショートは昨年は開幕スタメンであった小幡からレギュラーを奪った木浪ですが,開幕3戦は不調でした。今日は小幡がホームランを打ったので,昨年と逆の立場になるかもしれません。捕手は坂本があまりに打てず,また2連敗したこともあり,今日は梅野で勝ったので,今後は先発投手との相性もありますが,もっと梅野が使われるかもしれませんね。

 

 

« 水町勇一郎『労働法』 | トップページ | HPの項目追加 »

スポーツ」カテゴリの記事