« 過半数代表制を超えて | トップページ | 水町勇一郎『労働法』 »

2024年3月29日 (金)

「ブキウギ」最終回

 今日は初夏のような陽気でした。夕方,近くの公園で散歩していたら,桜が咲き始めていました。Spumante が美味しい季節になりましたね。

 ところで,NHKの朝ドラ「ブギウギ」は今日が最終回でした。全回観ました。1年前の「ちむどんどん」に次いで「完走した」という感じです。この作品をプロはどう評価するかわかりませんが,私はとても楽しめました。前向きな福来スズ子(笠置シヅ子)の生き方に共感する人も多かったことでしょう。福来スズ子の人生を追体験させてもらってよかったです。
 笠置シヅ子については,もちろん絶頂期のころは知らず,でも「東京ブギウギ」や「買物ブギ」などの歌は知っていましたし,コマーシャルや歌番組の審査委員としても,もちろん知っていました。鶴瓶が若い頃にネタで笠置シヅ子の息子だと言っていることなど,結構,歌手引退後も馴染みのある方でした。しかし,その人生がこんな劇的なものであったとは,今回始めて知りました。もちろん脚色は入っていますし,とくに美空ひばり(番組では,水城アユミ)との関係に関わる部分は,ほとんどフィクションでしょうが,そんなことはどうでもよいです。
 このドラマは,歌もまた主人公です。これだけ歌を使って展開されたドラマというのは珍しいのではないでしょうか。笠置シヅ子の代表曲がどのように生まれてきたのかがよくわかりました。そして服部良一(羽鳥善一)という作曲家の偉大さもよくわかりました。笠置シヅ子に作った曲のほとんどは,じっくりピアノやギターで弾けばわかるように,洒落たコード進行が使われています(今日の最終回でも,「東京ブギウギ」の前半の伴奏はピアノだけで,メロディーの良さを味わえました)。でも服部良一には「青い山脈」のようなシンプルな名曲もあります。自由自在で,才能あふれた人だということがよくわかりました。

 

 

« 過半数代表制を超えて | トップページ | 水町勇一郎『労働法』 »

テレビ」カテゴリの記事