« 送別会 | トップページ | 橋本陽子『労働法はフリーランスを守れるか―これからの雇用社会を考える』 »

2024年3月20日 (水)

NHK(サイト)に登場

 昨日,NHKの神奈川のほうの方から取材依頼がありました。当初は2,3時間後に放映されるテレビに出てほしいということでしたが,それは懇親会の予定があったのでお断りしました。ただ,電話で質問に少しお答えしました。事件は,テレワークに従事していた人が過労で精神疾患を発症して労災認定を受けたというもので,テレワークの労災は珍しいということを弁護士が言っていたので,専門家の話を聞きたいというのが取材の趣旨でした。この事案の詳細はわからなかったので,テレワークについての一般的な説明をしました。テレビでは採り上げられませんでしたが,NHKのサイトには登場しています。
 テレワークだからといって,企業の法的な責任が軽減されるわけではありませんが,テレワークの性質上,企業は管理をしにくいことになるのは確かです。そうすると,企業はテレワークをさせたくないと考えるかもしれません。また,テレワークの労災というようなことがあまり大きく報道されるとテレワークについてもっと強い規制をしたほうがよいという意見も出てきそうです。しかし,テレワークには多くのメリットがあることを考えると,それは良いことではありません。この点は,拙著の『誰のためのテレワーク?』(明石書店)でも書いていることです。今回の取材でも,その点は念押しをさせてもらいました。
 テレワーカーの健康確保は,労働時間規制では無理で,デジタル技術を使ったより効果的な方法を考えていくべきというのが,私の見解ですが,そこはNHKの短い電話取材では話すとややこしくなりそうなので,とくに説明はしませんでした。もうすぐ出るであろうジュリストでの論稿では,とくにテレワークにフォーカスをあてたわけではありませんが,労働時間規制一般論のところで,この持論を書いています(私の論稿を読んでくださっている方には,とくに新しいことが書かれているわけではありません)。

« 送別会 | トップページ | 橋本陽子『労働法はフリーランスを守れるか―これからの雇用社会を考える』 »

テレワーク」カテゴリの記事