« 公務員の処遇のあり方を考えよう | トップページ | 記憶にない? »

2024年2月10日 (土)

王将戦が終わる

 藤井聡太王将(八冠)に菅井竜也八段が挑戦した王将戦は,藤井王将の4連勝での防衛で終わりました。第4局は,菅井八段が手も足も出せない完敗でした。力の差を見せつけられて,タイトル戦でこういうことになってしまうのかと驚きでした。これならタイトル戦など出ないほうがよいという気持ちにならないでしょうか。藤井八冠と対戦さえしなければ,7割近くは勝てるトップ棋士も,藤井八冠相手になると無惨な敗北を喫するからです。それにしても鬼のような強さでした。相手は振り飛車で来ることはわかっているので,十分に対策を練っていたのでしょう。しかも最終局は,序盤から角が成りあう乱戦を藤井王将が仕掛けました。予想外の展開であったことでしょう。ペースを相手に握られたまま翻弄されてしまった感じです。
 菅井八段は,A級順位戦では,最終局で豊島将之九段に勝てば,プレーオフとなり,名人挑戦のチャンスが残っています。名人戦で,再度,藤井名人に挑戦することになる可能性もあります。ここは菅井八段にとって棋士人生を賭けた大きな勝負どころだと思います。
 B1組は,最終局を待たずに,千田翔太七段が昇級と八段昇段を決めました。ずっとトップを走っていた増田康弘七段は空き番で,最終局を勝てば昇級です。負ければ,大橋貴洸七段が,最終局に屋敷伸之九段に勝てば逆転で大橋七段の昇級・昇段となります。また降級については,最後の一人が大混戦です。いまのところ,5勝の棋士全員に降級の可能性があります。順位が下からいうと,屋敷九段,山崎隆之九段,三浦弘行九段,佐藤康光九段です。康光九段は,ラス前の1局がまだ終わっていないので,澤田真吾七段に勝てば降級可能性はなくなります。
 今日の朝日杯では,準決勝と決勝が同日に行われました。藤井八冠が糸谷哲郎八段との熱戦を制して決勝に,また永瀬拓矢九段と西田拓也五段は,大激戦で双方入玉する将棋となりましたが,永瀬九段が勝ち切って決勝に進出しました。決勝は,藤井対永瀬となりましたが,永瀬九段が勝ち,初優勝となりました。藤井八冠は連覇ができませんでした。永瀬九段の鋭い切り込みが功を奏しました。永瀬九段もまだ名人戦挑戦の可能性が残っており,藤井・永瀬戦が名人戦という最高の舞台でみられるかもしれません。
 藤井八冠は,年間最高勝率の記録更新の期待も高まっているのですが,この敗戦で,0.8571427敗)となりました。最高記録は,中原誠十六世名人が1967年に達成した0.8545478敗)です。あと51敗のペースであれば並びます。これからの棋王戦のタイトル戦と勝ち残っているNHK杯でどこまで負けないかがポイントになりそうです。先日は王将戦の防衛で,タイトル戦の連覇記録を,大山康晴十五世名人の19を破り,20という新記録を達成しました。昨年は史上最年少名人について,谷川浩司十七世名人の記録を破りました。最高勝率でも,歴代永世名人の記録を塗り替えることになるでしょうか。

« 公務員の処遇のあり方を考えよう | トップページ | 記憶にない? »

将棋」カテゴリの記事