« 銀河戦 | トップページ | 新NISAと労働法 »

2023年12月24日 (日)

全国高校駅伝

 全国高校駅伝は,女子は神村学園(鹿児島)の大逆転でした。留学生ランナーの活躍で,仙台育英が逃げ切るかと思っていましたが,ラストで120秒差を,上村の留学生ランナーのカリバが逆転しました。相手の背中が見えると追うほうが強いですね。追われるほうも,とりわけ高校の最強ランナーと呼ばれるカリバに追われるとなると,たとえ120秒という大差があっても,心理的なプレッシャーは大変なものだったでしょう。競技場に入ったとき,まだ50メートルくらい差があったのですが,残り400メートルで逆転されてしまいました。兵庫県からは須磨学園が男女出場しています。女子は,入賞ぎりぎりのところで走っていましたが,最後は6位でした。2区の選手が区間3位の快走した以外は,いずれも区間2桁の10位台ですが,大きなブレーキがなく,アンカーは競り勝つ強さがあり,そうすると入賞できるということですね。女子はいつも出場すれば安定した成績を残しており,今年も見事でした。留学生ランナーのような大砲がいないなかで,頑張っていると思います。近畿では,3位に立命館宇治,4位に大阪の薫英女学院が上位に入っています。
 男子は,佐久長聖(長野)が評判どおりの強さで勝ちました。連覇を狙った倉敷は1区の出遅れがひびき,留学生ランナーも爆発的な挽回ができず,2連覇とはなりませんでした。それでも2位となり実力をみせました。兵庫代表の須磨学園は男子には大砲がいました。日本人最強ランナーの折田選手が1区で,評判どおりの力を見せてくれました。自分でレースを作って先頭で引っ張り,ラストで競り勝って,日本人の区間最高タイという快走でした。これでよい流れができて,ずっと上位で走りました。そういえば,昨年も兵庫県代表は西脇工業の長島選手(現在は旭化成)が同じようにトップで走りきりました(最終順位は6位)。もちろん優勝するためには,もう23枚準大砲クラスの選手が必要ですが,女子と同様,誰もブレーキにならずに安定した走りで,見事に4位入賞です。応援していた2年生の長谷川君もアンカーで頑張りました。八千代松陰の区間賞をとった選手に抜かれましたが,彼自身はきちんと走り抜いて区間8位でしっかり仕事をし,学校最高順位(これまでは5位)を達成しました。須磨学園は,2区と5区という短距離のところで,もう少し頑張ることができて,6区がもう少し粘っていたら3位に入れたような気がしますが,来年に期待です。もちろん,まずは激戦が必至の兵庫県大会に勝つことが目標となるでしょう。

« 銀河戦 | トップページ | 新NISAと労働法 »

スポーツ」カテゴリの記事