« 国会でのスマホ使用 | トップページ | 生成AI元年 »

2023年12月11日 (月)

白が黒に

 12月になり初秋のような暖かさが続くなか,政治の世界では,激震が起きています。オセロで白が次々に黒に変わるような変化です。 
 石破茂氏が,安倍元首相に徹底的に嫌われて,派閥が弱体化し,最後は解散に思い込まれたとき,もう総理へのチャンスはなくなったと思っていました。ところが,いま派閥という仕組みに逆風が吹き,派閥に関係がなくなっていた彼もノーチャンスではなくなってきました。国民の間で人気が高いのも追い風です。
 少しまえまでは国民に人気があっても,派閥で出世してリーダーとならなければ,総理になることは難しいように思われました。しかし,それが大きく変わりつつあります。派閥があってお金を集めることができれば,派閥で評価され,昇進できるチャンスがあったのですが,その集金システムが停止してしまいました。むしろ派閥の幹部は金にきたないというイメージがついてしまい,総理になるチャンスが大きく遠のきました。こうなると,派閥という組織に頼らずに政策を磨いていた人にチャンスがきます。無派閥の小泉進次郎氏や高市早苗氏も浮上してきました。派閥には属しているが,派閥の幹部ではなく派閥色が薄い河野太郎氏などにもチャンスがあります。さらに,今回の江東区長の出直し選挙で,自民党がすり寄ってきた小池百合子都知事にも,チャンスが巡ってきたのではないでしょうか。
 安倍晋三元首相の強力な影響力で,派閥政治全盛と思われていたなか,急激な評価下落です。現首相が慣例に反して派閥の領袖で居続けたのも,派閥の意味を重くみていたからでしょう。今回の派閥離脱は,派閥と距離をおいたほうがよいという,あきれるくらいわかりやすい行動で,とても彼がなにか主義思想をもって行動しているようには思えませんね。
 面白がってみていてはいけません。しっかりしたリーダーを選ばなければ大変なことになります。これだけ不人気の首相でも,それに挑もうとする若手政治家がいないことが嘆かわしいです。あまりに大きな変化が起こることは望ましいことではありませんが,アンシャンレジームの不満がたまって暴発して取り返しがつかなくなることを避けるためには,いまの段階で大改革により,政治を一新しておいたほうがよいです。高島芦屋市長はまだ若すぎますが,40代くらいで良い人材はいないでしょうかね。

« 国会でのスマホ使用 | トップページ | 生成AI元年 »

国内政治」カテゴリの記事