« 飲み会 | トップページ | 日本版(型)◯◯ »

2023年10月15日 (日)

MGC

  高校時代に陸上部にいた私としては,陸上競技への関心は普通の人より高いと思います。今日も朝からLiveでマラソンのMGCを観ました。女子はNHKで,男子は民放でした。やっぱりコマーシャルがないほうがみやすいですね。悪天候のなかでの試合だったので,実力というよりも,強い人が勝つのかなと思ってみていました。最初は女子のほうが面白いかなと思ってNHK派だったのですが,男子のほうが川内優輝選手が独走となったので,断然男子のほうが面白くなり,男子のほうを中心にみていました。川内選手の飛び出しは予想外でした。事前には,まったく彼の名前は出ていなくて,ただ走るだけくらいに思われていたと思います。ところが,ひょっとして優勝してしまうのではという勢いで,最後も結局4位と粘り切っての見事な走りでした。オリンピックをねらうマラソン選手としては,超高齢者であり,ここまでやるとは誰も思っていなかったでしょう。しかし経験があり,しかも天候が悪いということも彼を利したことでしょう(悪天候のなかで,ボストンマラソンで優勝した実績があります)。ニュースでは奇襲などと書かれていますが,ペースメーカーがいないなか,自分でしっかりレースをつくり,トップとそれほど差がない4位でゴールというのは,事前の綿密な準備と戦略があったからできたことでしょう。尊敬に値するランナーです。
 大迫選手も,安定した走りぶりでした。最後は追い込めずに3位に終わりましたが,彼にはもう一回オリンピックに行ってもらいたいですね。マラソンは記録も大切ですが,それは条件に左右されるものであり,むしろどういう状況でも安定して走れる実力がある選手のほうが頼もしいです。大迫選手は,他の選手が,MGCファイナルチャレンジ(福岡国際,大阪,東京マラソン)で,2時間550秒を切らないかぎり,オリンピック代表に選ばれます。しかし,大迫選手は,代表を確定させるために,また川内選手は一発逆転を狙って,ファイナルチャレンジに走りそうな予感もしますね。
 女子は一山麻緒選手が途中で独走していましたが,鈴木優花選手が逆転して優勝しました。一山選手も粘って2位となり,二人がパリへの切符を手にしました。一山選手の夫の鈴木健吾選手(日本記録保持者)は,序盤から遅れてしまい,10キロすぎくらいのところで,途中棄権となりました。彼は無理をせずに,ファイナルを狙うという作戦にしたのでしょうが,川内選手の強さをみると,少し残念な感じです。
 とにかく,MGCは,とてもみごたえがある戦いであったと思います。でも外国人選手が走らない試合ですから,やや物足りない感じもしました。福岡国際以降のMGCファイナルチャレンジで,世界に通用するような選手が彗星のように現れるのを期待したいと思います。

« 飲み会 | トップページ | 日本版(型)◯◯ »

スポーツ」カテゴリの記事