« 道幸哲也先生 | トップページ | 懲戒免職と退職手当の不支給 »

2023年8月25日 (金)

王位戦終わる

 王位戦は,藤井聡太王位(竜王・名人,七冠)が勝ち,41敗で防衛となりました。佐々木大地七段との12番勝負は,結局,藤井竜王・名人(七冠)の72敗で終わりました。数字だけみれば圧勝ですが,佐々木七段も頑張ったという評価のようです。これで藤井竜王・名人(七冠)の
タイトル獲得数は17で,現在歴代7位です。これだけでもすごいです。またタイトルを失ったことがないというのも驚きです。タイトル戦は,奪取か防衛しかないということです。いつかはタイトルを失うときが来るのでしょうが,現時点では想像ができませんね。
 これから王座戦,竜王戦があり,冬になると棋王戦,王将戦があります。棋王戦は挑戦者決定トーナメントでベスト8がぼちぼち決まってきていて,ここでも竜王戦挑戦を決めている伊藤匠七段が勝ち上がっています(昨年も,この棋戦では活躍しました)。王将戦は,毎年,最強リーグといわれますが,今期のメンバーは,残留組の羽生善治九段,豊島将之九段,永瀬拓矢王座,近藤誠也七段プラス二次予選を勝ち抜いた3名となりますが,すでに菅井竜也八段がリーグ入りを決めています。

« 道幸哲也先生 | トップページ | 懲戒免職と退職手当の不支給 »

将棋」カテゴリの記事