« Midlife crisis | トップページ | 育児支援の財源 »

2023年5月23日 (火)

広島サミットは成果あり?

 広島のG7サミットは,G7の結束を再確認し,グローバルサウス(Global south)の国々も招いて世界各国間の協調を示したという点では成果があったという評価もできそうです。ロシアと中国を仲間はずれにした(分断した)という点では,協調という点を強調するのはどうかという気もしますが,G7側の論理は,ロシアはウクライナ侵攻を引き起こした極悪国なので協調の対象に入れることはできないのは当然であり,中国もその味方だから同様ということなのでしょう。もっとも中国については,アメリカの覇権争いに気を遣っただけで,実際には,フランスなど欧州とアメリカとは対中政策に温度差があり,また地政学的な状況がかなり異なる日本もアメリカとまったく同一歩調をとることができるわけではありません。
 いずれにせよG7の主役はゼレンスキ(Zelensky)でした。後からやってきて主役の地位をかっさらっていきました。彼は,メディア戦略が上手であり,行動力もあり,また元俳優だけあって話術も巧みです。世界中を飛び回り,支持をとりつけて,あの大国ロシアと互角に戦っているのは見事としか言えません。世界にはウクライナ以外にも戦争で苦しんでいる国や人々もいるのですが,ウクライナだけに目を向けさせる腕はすごいです。そして,G7からの具体的な協力を引き出し,またインドやインドネシアなどのアジアの大国ともコネクションをつけるなど,その行動力と決定力もまたすごいです。ゼレンスキの来日は,警備問題などを考えれば,普通ならとても受け入れられないようなものです(日本国民を危機にさらすおそれもありました)が,もはや日本政府に拒否する手はなかったのでしょうね。ただ日本人としてはちょっと複雑な気持ちではあります。広島とハブムトと似ていると述べるなど,彼はそう思ったのかもしれませんが,広島をうまく利用されてしまったような気がしないわけではありません。サミットでは日本の外交力を示したと言われていますが,最も外交力を発揮したのはゼレンスキであったことは間違いないですね。
 ただ戦争中の国の大統領が必死になって,利用できるものは何でも利用するという行動に出るのは理解できないわけではありません。実は,日本の首相もまた,広島をうまく利用しただけではないかと思えるところがあります。G7首脳による平和記念資料館に訪問した際の記帳の文面が公開されています(https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/g7hs_s/page1_001692.html)。岸田首相の記帳文は,「歴史に残るG7サミットの機会に議長として各国首脳と共に『核兵器のない世界』をめざすためにここに集う」です。ここには世界の首脳を側において議長として仕切っている高揚感だけが表れているようです(意地悪な見方でしょうか?)。原爆で亡くなった人に対する思いは込められていないように思えます。他国の首脳は,言葉だけかもしれないものの,きちんとそうした思いを伝えてくれています。とくにカナダ,フランス,イギリスの首相は犠牲者にも明確に言及しています。なぜ日本の首相は,上記のようなことしか書けなかったのでしょうか。このサミットで,核兵器なき世界に向けた力強い一歩を踏み出せたといえるのでしょうか。ロシアを牽制しただけで十分というのであれば,広島の人の気持ちをふみにじることになるでしょう。
 首相の個人的な政治的野心に利用された広島サミット,ということにならないようにするためには,これから彼が核廃絶に向けてどのように具体的に行動していくかが問われることになります。

« Midlife crisis | トップページ | 育児支援の財源 »

国際政治」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事