« リスクコントロール | トップページ | 日曜スポーツ »

2022年11月27日 (日)

羽生・藤井の夢のタイトル戦が実現

 王将戦挑戦者決定リーグは,羽生善治九段が,豊島将之九段に勝ち,なんと全勝で藤井聡太王将(五冠)への挑戦を決めました。これは驚きです。現在の新旧のトップ棋士が勢揃いしたリーグでも,なお羽生九段は負けていないというところを見せてくれました。王将戦のタイトル戦は二日制ですので,羽生九段にとっては,自身の最年少記録を次々と塗り替えていく藤井王将との渾身の戦いが繰り広げられることでしょう。
 竜王戦のほうは,広瀬章人八段がふんばって2勝目をあげて,対藤井戦の連敗を止めました。藤井竜王(五冠)からみて,32敗となりました。次に広瀬八段が勝てば,最終局は面白くなりますが,そこまでもちこめるでしょうか。
 女流棋戦は,里見・西山の戦いが続きますが,倉敷藤花は里見香奈女流五冠が2連勝で防衛(8連覇)となりました。女流名人戦は,直接対決で西山朋佳女流二冠が勝ち,伊藤沙恵女流名人への挑戦をするのは西山女流二冠となりました。
 里見さんに続くプロ棋士編入試験も始まります。小山怜央アマの挑戦です。奨励会経験がない初のプロ棋士が誕生するかが話題になっています。対戦相手は,里見さんのときと同じ若手棋士5人であり,難敵ぞろいです。里見さんの挑戦が話題になりすぎましたが,小山さんの挑戦も注目されます。

« リスクコントロール | トップページ | 日曜スポーツ »

将棋」カテゴリの記事