« ネットに依存しなさすぎるのも危険? | トップページ | 大学教員と無期転換 »

2022年8月27日 (土)

政府のアプリ

 8月も終わろうとしています。朝夕は少し暑さがおさまってきましたが,昼間はまだ暑いです。
 夏休みに子どもたちが外で遊ぶのは熱中症の危険があり,あまり推奨されなくなってきました(かつては日射病と呼ばれていましたが,屋内でも危ないのです)。冷房が効いた部屋は快適ですが,幼児は,汗をかく能力を身につける必要があるそうで,汗をかくのが苦手で熱中症体質になるかどうかは3歳くらいまでに決まるということが,よくネット情報で流れています(真偽の確認は必要ですが)。だからといって,いたずらに暑いところに幼児を引っ張り出すのは,それこそ,汗をかく能力が未熟なので熱中症の危険が高まります。注意しながら鍛えていくということが必要なのでしょうね。昔は30度を超えるなんてことはほとんどなかったので,こんな心配はしなくてよかったのですが,日本は亜熱帯になっているので,過去の常識が通じなくなっています。そうなると電力の心配が出てくるのですが,とくにロシアの動向があるので,このタイミングで岸田首相は原発新増設を言い出しました。世論はどう反応するでしょうか。
 コロナの状況は依然として医療体制への影響が深刻なようで,暑くてもマスクをつけることをまず考えます(とくに軽症でも後遺症が長期的に残る可能性があるというのが気がかりです)が,それはそれでやはり熱中症などの危険もあるので難しいです。暑さ対策,コロナ対策,電力対策を,どううまくやるか。いろいろ知恵をしぼらなければなりません。
 ところで,最近はCOCOAログチェッカーで,11回は濃厚接触がなかったかチェックしています。COCOAアプリは,あまり役に立たないので,消去しようと思っていましたが,このログチェッカーが出てきたので,最近は活用しています。ただアプリ活用者が増えなければ,これも意味がないわけです。理想は,国民全員がスマホを携帯し,このアプリをダウンロードすることですが,うまくそういう方向に誘導してもらうよう河野大臣のイニシアティブに期待したいです。でも簡単ではないでしょうね。マイナカードの取得者についても,マイナポイント付与という露骨な誘導をしているにもかかわらず,想定どおりには増えていないと報道されていました。マイナカードをもつ意味がないと思っている人が多いのでしょう。それにセキュリティも心配ということかもしれません。うまく国民を誘導しなければ,せっかくの技術が,その効果を発揮できなくなります。しかし,それは露骨にカネをばらまくことではないと思います(今朝の日経新聞朝刊の「大機小機」も参照)。政府がやることだから安心という社会になってもらいたいものです。

« ネットに依存しなさすぎるのも危険? | トップページ | 大学教員と無期転換 »

つぶやき」カテゴリの記事