« ブルシット・ジョブ | トップページ | 服装の自由と人事労働法 »

2022年7月20日 (水)

経営者の言葉

 日本経済新聞に掲載されている「決算トーク」で,ある有名企業の社長が,買い物客が目的以外の商品のついで買いが少ないとし,商品開発や広告宣伝を強化して,この状況を打破していきたいと語っていました。
 株主向けのコメントであり,そうみると普通の内容なのかもしれませんが,顧客としては,いかにして目的外の商品を買わないようにするかが大切だと思っていますので,あまり良い気分はしません。
 これは「クロスセル」と呼ばれるマーケティング手法の一つなのでしょう。私たち消費者は,店舗に行くと,ついで買いを誘う仕掛けがなされていることを自覚して,賢い消費をするように心がけなければならないでしょう。個人的には,本命の商品のついでに別の商品も買ってしまうと,あとで後悔することが多いです。店舗で,消費者がその価値に気付いていない商品を推奨することはあってよいと思いますし,ナッジでつつかれる程度であれば良い気もしますが,いずれにせよ,ほんとうに必要なもの(そして,食料品以外では,長く使えるもの)を,適正な価格で,厳選して買いたいものです。消費の喚起は経済にとっては重要かもしれませんが,経営の王道は,社会にとって必要な商品を生産し,その情報がその商品を必要としている個人に到達したうえで消費されていくようにすることでしょう。上記の社長の「商品開発や広告宣伝」という発言が,そのような意味であればよいのですが,「ついで買い」に言及した流れで言われると,ちょっと違和感をおぼえてしまいました。どんな安価な商品でも,「ついで買い」ではなく,十分に吟味して納得して買ってもらいたいと,経営者には言って欲しいです。
 テレ東のWBSで早稲田大学の入山章栄教授が,関西の万博が盛り上がっていないのは,企業経営者が「思想」を語っていないからだと言っていました。そうだなと納得してしまいました。経営者は,自社のビジネスが,どのような考え方に基づき,どのような方法で,社会課題の解決のためにビジネスをやっているかを語る必要があると思います。

« ブルシット・ジョブ | トップページ | 服装の自由と人事労働法 »

つぶやき」カテゴリの記事