« 安倍元首相事件の影響 | トップページ | 最強の女性判事 »

2022年7月11日 (月)

兵庫にも第7波?

 参議院選挙で自民党が大勝したことにより,今日の日経平均株価は大きく上がりました。景気対策への期待から,ということでしょうかね。岸田首相は,選挙がない黄金の3年間を手に入れたのであり,これには期待と不安が相半ばですが,これまでの実績からは,私には不安のほうがちょっと大きいです。参議院選挙後にやると先延ばしにしていたいろんな政策が,どのように実行されていくか注目です。
 当面は,コロナの第7波に向けた対策に全力で取り組んでもらいたいです。兵庫県も,斎藤知事は,第7派宣言はしていないようですが,危機感を示しています。町にでると,今月に入り,マスクをしない人が目立つにようになってきました。私も,外出時に,周りに誰もいなければマスクはしませんが,マスクをしている人が近づいてくれば,エチケットとして自分もつけますし,マスクをしていない人が近づいてくれば,予防のためにマスクをつけます。ということで,どっちにしても,あごにかけているマスクを,人が近づいてくれば鼻にまで引き上げています(マスクのおかげで,にんにくやニラを遠慮なく食べられるのは,よいことですね)。
 リモート会議に参加していると,現場にいる人はマスクをしていることが多いです。マスクをしていないリモート参加者どうしは,顔の表情がよくみえて,普通の会議となるのですが,現場の人はマスク越しで話し,表情もよくみえないので,なんとなく議論がしづらいです。私はマスクをして話すとすぐに苦しくなるので,マスクをずっとしていなければならない場には行かないようにしています。そのため,リモート会議しか参加していません。
 現在,企業も,テレワークを止めるところ,継続するところ,さらにこれに固定するところに分かれてきました。予想できたことではありますが,いつも述べているように,最後に残るのは,テレワークに対応したところでしょう。大半の会議はリモートでできるはずなのです。それでも,出勤を促すのは,対面のコミュニケーションは新しいアイデアを生みやすいというメリットがあるからだと,よく言われます。たしかに他人の話を聞くと,勉強になることは多いです。ただそれがリモートで,できないわけではないでしょう。むしろ,アイデアのわくところとは,「馬上・枕上・厠上」の「三上」であるという言葉もあります。現在では馬上はちょっと違うでしょうが,電車やバスに乗って外をみているとアイデアが湧くことがよくあります。「厠」はアイデアよりも,情報収集の場所ですね。アイデアという点では,むしろ個人のリラックスした環境が大事な気がします。コミュニケーションは情報収集の方法であり,それならリモートでもOKだと思います。
 まあ,対面とテレワークそれぞれのメリットがあるのでしょう。テレワークをするかどうか個人の選択に任せるという企業もあり,労働者としても,それが一番良いと思います。場所主権という考え方からも,在宅か出勤かの二者択一でないほうがよいです。とくに介護や育児などの家族的な負担のない人は,在宅やリモートを好きなように選択して働けたほうがよいのかもしれません。ただ,いったん家族的な負担がかかってくると,テレワークの有り難さが身にしみたものとなるでしょう。
 高校時代の3人の友人と定期的にやってきた飲み会は,20202月を最後にストップしています。少人数なのでやってもよいのかもしれませんが,でもいまのコロナの状況を考えれば,とても実施する気にはなれません。私は感染しても重篤化はしないでしょうが,他人に感染させないように行動制限がかかること自体が困ったことになります。一定の年齢になって,いろいろ社会的責任や家族的責任を担うようになると,窮屈ではありますが,できるかぎり自制せざるを得ないのです。コロナも早く治療薬が普及して,インフル並みになってほしいものです。

« 安倍元首相事件の影響 | トップページ | 最強の女性判事 »

テレワーク」カテゴリの記事