« 強く美しい将棋でA級へ | トップページ | 嘉納英樹「Japanese Labor & Employment Law and Practice」 »

2022年3月11日 (金)

平和な生活に感謝

 今週は,オンライン講演が1つ,取材が2つ,その他,毎日オンラインの会議などがあり,かなり忙しい1週間でした。それに明日は別タイプの大きな仕事があります。でも,ウクライナのことを考えると,あるいは,あの11年前の大地震のことを考えると,こうして平和に仕事をさせてもらう生活を過ごせることがありがたいです。
 コロナとも,何となく付き合い方がわかってきた感じで(この安心が危ないか?),飲み会とかはやりませんが,適度に外食もするようになりました(今日も近所の名店「串の助」に行ってきました)。ただ飛行機を使った旅行はまだできません。マイルが次々と期限切れになってきて,延長できたものもありますが,そのうちになくなってしまいそうです。ショッピングマイルにして,ワインに変えるのも,そろそろ限界になってきました。今年は飛行機に乗ることがあるでしょうかね。コロナも戦争も,(終息までいかなくても)収束しなければ,この閉塞感はどうにもなりませんね(私は,もともと,自宅に引きこもっていても,かなり平気なタイプですが,多くの人はストレスがたまっていることでしょう)。
 ところでビジネスガイドに連載中の「キーワードからみた労働法」の最新号は,「労働契約申込みみなし制」です。これで2回目なので「part2」としました。今回が連載の177回目で,15年近くやっていることになります。さすがにこれくらい長くなると,同一テーマで再度採り上げる必要があることも出てきます。今回は,東リ事件の大阪高裁判決なども採り入れ,労働者派遣法40条の615号の「法律の規定の適用を免れる目的」という概念にも注目しながら解説しています。次号のテーマを予告すると,「真実告知義務」です。どういう切り口で書いたか,お楽しみに。 

« 強く美しい将棋でA級へ | トップページ | 嘉納英樹「Japanese Labor & Employment Law and Practice」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事