« 水町勇一郎『 労働法(第9版)』 | トップページ | 在原業平 »

2022年3月27日 (日)

日曜スポーツ

 今日は,大相撲の大阪場所の千秋楽でした。今場所は,それほど熱心にみていたわけではありませんが,地元の貴景勝は気になるので,ニュースでは追っていました。貴景勝はカド番は脱出できましたが,後半戦は精彩を欠いていて,結局87敗で終わってしまいましたね。同じカド番大関の正代は,途中で15敗になったときは,相撲内容も悪かったので,大関陥落は決定的と思っていましたが,途中から力強さが戻り,今日も優勝した若隆景に勝って,大関の存在感を示しました。成績は96敗で物足りませんが,後半の戦いぶりは大関としてのものでした。
 高安は強かったころの相撲が復活しました。今日は阿炎の出来が良かったのです。若隆景が負けて優勝決定戦に進めたのはラッキーでしたが,本割に続いて,優勝決定戦も若隆景に負けたので仕方ないです。ただ,この優勝決定戦は名勝負だったと思います。若隆景の神がかり的な土俵際の粘りで負けてしまいましたが,高安も十分に力を発揮して見事でした。今場所は,照ノ富士の休場があり,新大関の御嶽海は11勝でまずまずでしたが最後の優勝争いにからむことができず,まさに荒れる春場所でしたが,若隆景と高安,そして琴ノ若Jrも活躍し,そして優勝決定戦の熱戦があって,終わってみれば良い場所だったということではないかと思います。新たなスターの若隆景は,どことなく,かつての若三杉(後の横綱若乃花(2代目))のような雰囲気がないでしょうか(相撲の取り口は違うと思いますが)。あるいは小柄だが足腰が強いという点では初代若乃花のほうに近いかもしれません。ぜひ大関になってもらって,貴景勝にカツを入れてもらいたいです。
 プロ野球は悲劇が起こってしまいました。阪神はまさかの開幕3連敗です。開幕戦の5回までで喜びすぎて,そこでもう今シーズンは終わってしまった感じがします。現代のプロ野球では抑え投手がとても重要ですが,守護神なしでシーズンに入ってしまいました。まだ3試合にすぎませんが,とにかく悲惨なシーズンにならないことを願っています。

« 水町勇一郎『 労働法(第9版)』 | トップページ | 在原業平 »

スポーツ」カテゴリの記事