« 国政選挙の結果について思うこと | トップページ | インフルエンザにかからない方法はわかったが…… »

2021年4月26日 (月)

学士会会報に登場

 どういうわけか大学卒業後に,学士会というものに律儀に入っています。それ以来,ずっと会報が送られてきて,理系のものも含めて,面白い論考が掲載されていることが多く,割と熱心に読んできたのですが,いつか自分にも執筆依頼が来ることがあるのだろうかと思いながらも,そもそも法学系自体が少なかったので,自分には縁がないと思っていました。それが昨年,突然,依頼が来て驚きました。会報ですので,学士会以外の人はおそらく読むことはないのでしょうが,とはいえ読むのは,すごい人ばかりでしょう。だからといって労働法はもとより,そもそも法学についても素人の人がほとんどでしょうから,書き方が難しいなと思っていました。しかも依頼の内容は,「AIの進化と日本の労働法制」ということでした。実際には「デジタル変革と日本の労働と法」というタイトルで,書かせてもらいました。内容は,『デジタル変革後の「労働」と「法」』(日本法令)の終章を基本として,それをさらにブラッシュアップしたつもりです。類似のテーマで,さらに依頼されているものがあるので,いっそうブラッシュアップできるように頑張りたいと思います。

« 国政選挙の結果について思うこと | トップページ | インフルエンザにかからない方法はわかったが…… »

私の作品」カテゴリの記事