読書ノート

2017年2月18日 (土)

百田尚樹『影法師』

 藤沢周平の『蝉しぐれ』もよかったですが,わりと似たような展開(江戸時代で,若いときに父を失い,苦労して出世していく話)で,この作品もよかったです。ずいぶん前に話題になった本ですが,まだ読んでいなかったと思うので読んでみました。ラストで,主人公の勘一がこれえきれず泣くシーンでは,読者も涙をこらえることは難しいでしょう。
 話は,勘一の刎頸の友,彦四郎が死んだという知らせが飛び込んできたところから始まります。彦四郎は剣の達人で,優秀で,将来を嘱望されていた好漢ですが,昔からどこか恬淡としたところがあります。そんな彦四郎が,どうして徐々に人生のレールから脱線し,不遇の晩年を送ったのか。下士の家に生まれながら,主君に見込まれて異例の出世をとげた勘一が,彦四郎の過去を振り返っていく話です。
 勘一が筆頭家老として,22年ぶりに江戸から帰藩したとき,勘一の前に島貫という男が現れました。勘一は,新田開発の手柄で藩を財政窮乏から脱却させ,その功績で出世していったのですが,当初,それを妨害していたのが,藩政を牛耳っていた滝本家でした。勘一は,自分の事業を妨害する滝本の息子を討ち,後に滝本家の不正も暴いていますが,島貫は,その当時,滝本家から江戸への道中にある勘一を討つように依頼されていた刺客でした。
 しかし勘一は島貫によって討たれませんでした。それはなぜか。勘一を藩のために役立つ存在だと見込んだ彦四郎が,自分の人生を投げ打って,勘一を影から助けていたのです。
 武士の間でも身分の違いで人生の可能性が大きく変わり,また男性でも長男とそれ以外では運命が変わる江戸時代の男たち。そんな時代の男の生き様や友情を,見事に描いた傑作です(彦四郎の家にいた下女のみねと勘一,そして彦四郎の間の恋の物語もあり,文庫版の付録でその部分も追加されていますが,この付録はなくてもよかったのではないかという気もします)。 ★★★★(心が洗われます)

|

2017年2月15日 (水)

伊岡瞬『もしも俺たちが天使なら』

   伊岡瞬『もしも俺たちが天使なら』(幻冬舎文庫)を読みました。前に紹介した『代償』で気になっていた著者だったので,もう1冊買ってみました。『代償』は,救いようのない悪人の話だったのですが,今回の主人公の詐欺師,谷川涼一は,ネズミ小僧的な,ちょっといい悪人で,この人が,喧嘩が強いが女にもてるヒモや元刑事(どの登場人物も,どうみても私の回りにはいそうにない人たち)と組んで,ヒモの実家のぶどう園を乗っ取ろうとした悪い詐欺師の青木に立ち向かってやっつけるというエンターテインメント小説です。
 ぶどう園を敬遠するヒモの父は,後妻をもらっていて,その女性が美人でちょっと色っぽくて,その夫が癌で死にそうになっていて,そこにぶどう園の仕事を手伝うために青木が現れるのですが,その青木は仕事ぶりは熱心で,しかも後妻に色目をまったく使わないために遺産目的ということでもなさそうで,どうみても善良な人のようなのですが,この青木が実は詐欺師集団の幹部であり,その親分と衆道の関係にあり,でも後妻には(性的ではない)愛情をもっていて,詐欺師を引退してぶどう園で静かに暮らそうとしていたといった凝った仕掛けがされています。青木は主人公ではないのですが,この小説の良いスパイスになっています。
 私のような善良で臆病な一市民は,どこかに悪人願望があって,そういう願望を適度に満たしてくれる知的なピカレスク小説は,頭のリフレッシュにぴったりですね。
 ★★★(悪漢小説をお好きな方はどうぞ)

|

2017年2月12日 (日)

内藤了『ON猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』

 内藤了『ON猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』(角川ホラー文庫)を読みました。いきなり女児の惨殺シーンが出てきて,読む気が失せそうになりました。抜群の記憶をもつ猟奇犯罪捜査班の藤堂比奈子は,異常な死に方をした何人かの被害者に,共通点があることをみつけだします。犯罪者であった者が,自分がかつてやった方法で死んでいるのです。自殺か,それとも被害者の復讐か。しかし,どうもそのどちらでもありません。一方,冒頭の女児殺人は未解決のままになっています。そんなとき,比奈子の同僚の仁美が殺されます。捜査のなかで一人の男が浮かびあがってきます。その男は,母親を殺した過去があり,精神科のクリニックに通って治療をしていました。そのクリニックでは,恐ろしい研究がなされていました。人工的に脳腫瘍を起こし,脳内のスイッチをオンにすると……。複数の殺人事件が交錯するミステリーでもあります。
 こうした殺人方法が医学的に可能かどうかわかりません。この作品はドラマ化されているみたいであり(私は観ていませんが),たしかに視覚化してみたほうが面白い作品なのかもしれませんね。エグいですが。     ★★★(ちょっと甘い評価かも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

深水黎一郎『最後のトリック』

 つい先日読んだ『美人薄命』が面白かったので,今度はこの著者の代表作と呼ばれる『最後のトリック』(河出文庫)を読んでみました。
 単行本では「ウルチモ・トルッコ」というイタリア語のタイトルだったようです。Ultimo Trucco ですね。犯人は読者である,というトリックは,最後のトリック(イコールあり得ないトリック)なのです。この難題に取りんだ作品ですが,見事なものでした。ここで本書で使われたトリックを書いたら怒られますので,読んでのお楽しみです。
 途中で,超能力の話がどう関係するのかというところが気になっていたのですが,ここは見事に結論につながっています。
 ただ,あえて言うと,読者である個々人(私も含めて)は,厳密にいえば犯人ではありません。故意犯ではないからです。解説でも書いてありましたが,動機がないのです。むしろ自殺幇助という感じです。この点で「読者が犯人」ということについては,半分割引かなければなりません。
 この部分をどうみるかによって,本書への評価は分かれるでしょうが,厳密な意味での犯人ではなくても,このトリックに果敢にチャレンジしたことについて,私は評価したいと思っています。 ★★★★(深水ファンになりそうです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

新津きよみ『夫以外』

 新津きよみ『夫以外』(実業之日本社文庫)を読みました。この作家の作品は,たしか2作目です。夫以外の男性と関わりがある女性たちを扱った短編集ですが,遺産相続,定年退職,腎臓移植,夫婦別姓,姻族関係終了届などのテーマが扱われています。  「夢の中」は,今まで夢中になったものが何もなく,夫にもとくに夢中になることもなく結婚した女性。そんなとき夫が急逝して,現れたのが,法定相続人の甥。彼女はこの甥に夢中になるのですが,あるときその甥は姿を消してしまいます。そして彼と一緒だったのは……。びっくりのラストですが,彼女は,甥に「フラれた」とき,自分に夢中になってくれた人が夫だったのだと気づくのです。  「元凶」は,定年後の夫のモラルハラスメントに苦しむ妻,訓子。夫さえいなければ,といつも考えている毎日です。そんな義母の様子を心配した訓子の次男隼人の嫁郁美は,自分の父が再婚した義母とは相性があわないが,訓子とのほうは相性が合うと感じていました。そんなとき,訓子が自転車事故で頭を打って一時的に記憶障害におちいって,夫のことも認識できなくなるという事態がおこります。郁美はかけつけて,訓子を自分の家に引き取ります。こうして訓子の夫は一人で生活し始め,隼人夫婦と訓子が一緒に暮らし始めます。郁美は,しばらくして訓子の記憶が戻っているかもしれないと感じ始めますが,あえてそのままにしておこうとします。  モラハラ夫から逃げられない妻と,その妻を救出したいと考えていた嫁の話です。  「寿命」は,最後に驚きのオチがありました。とても上手な作品ですので,読んで楽しんでみてください。妻子ある男性を好きになった母と娘の話なのですが。  「ベターハーフ」は臓器移植の話です。離婚をしたけれど,その後に良い関係になった女性が,腎移植が必要な元夫への移植について相談しにきたとき,臓器移植コーディネータの山根に,腎移植をしたあと離婚した例はありますか,という質問をしました。その女性は,男性とは結婚しないほうが良い関係を継続できると考えていましたが,配偶者間でなければ腎移植ができない,そのためにだけ結婚して,そのあと離婚できないかと考えていたのです。山根は「あります」と答えたのですが,実は山根自身がそのような経験をしていたのでした。自分の臓器のプレゼントというと,これ以上ない贈り物のようですが,実はそれがかえって相手にとって精神的な負担となってしまい関係がうまくいかなるのです。そして再婚後も,妻は夫の身体のなかに前妻の臓器があると思い続けなければならないのです。臓器移植と夫婦や男女の愛を扱った秀作でしょう。  「セカンドパートナー」は,異性の友人の話です。夫を膵臓ガンで亡くした57歳の母が,夫婦の共通の友人であった田村と結婚するいうと聞いて,娘の美砂はびっくりします。田村は妻をなくしていました。田村の家には,娘の亜由美が離婚して帰ってきていました。亜由美の離婚の原因は,夫以外で趣味を同じくする男の友人のいることを夫に理解されなかったことにありました。  「紙上の真実」は,夫婦別姓を貫いている夫婦(真弓と信矢)の話と,姑を餓死させた嫁と報道されて批判された女性の話が絡まったものです。後者は,夫が夭折したあと,夫の両親の面倒をみていたものの,夫の姉にいじめられて,最後は姻族関係終了届を出して家を出たあと,義姉の怠慢で義母が亡くなったことが,間違って報道されていたのでした。そういう話を雑誌に書いていたライターの真弓なのですが,真弓は信矢の母から「田中さん」と呼ばれています。下の名前の「真弓さん」とは呼んでもらえず,夫婦別姓を選択した真弓への当てつけのようでもあったのですが,最後にサプライズがあります。  家庭に関する法律がたっぷりでてくるので,ひょっとしたら法学部1年生の教材にできるかもしれないですが,ただ18歳には濃すぎる内容かもしれませんね。  ★★★★

|

2017年1月30日 (月)

野川忍『労働協約法』

 ずっと前にいただいておきながら,ご紹介が遅れてしまいたいへん申し訳ありませんでした。机の上に置いてあったのですが,そう簡単に紹介できない本ということで,今日になってしまいました(そういう本が実はたくさん机の上に積んであるのですが,逐次紹介していきます)。
 『労働協約法』という古き良き労働法の香りがするタイトルの本ですが,装丁はポップな感じもあり,モダンな労働協約法という感じです。
 労働協約法という法律は,ドイツにはありますが,日本にはありません。しかし,労働協約論は,日本の団体法の古典的なテーマであり,労働協約論こそ,労働法の市民法からの独立のために重要な役割をはたしてきました。とくに労働組合法16条の規範的効力は,労働法の市民法からの「独立宣言」という意味もある規定でした。
 本書は,こうした労働協約にこだわって,これを体系的に論じたもので,戦前はともかく,私の知るかぎり例のないものと思われます。
 本書は,まず総論で,その意義,主体,法的性格,効力を扱い,その後に各論的な論点に踏み込んでいます。私の見解にも言及していただいた箇所があります。
 一つはユニオン・ショップ協定のところで,私の無効説を有力な見解として紹介していただきました(243頁)。ユニオン・ショップ,規範的効力,一般的拘束力といったものを総合的に考察して,労働協約の正統性を議論しようとした私の主張を,よく理解していただけていることがわかり,たいへん有り難く思いました(『労働判例百選(第9版)』のユニオン・ショップの判例では,私の名前は出ていませんでしたね。まあ若手からみると,私見は従来の無効論の焼き直しのように思われるかもしれませんが,実はまったく違うのです)。
 また野川先生は,416頁の注96で私見に示唆を受けたと書いてくださり,そのうえで批判もしてくださっています。これもたいへん有り難いことです。
 実は私の『労働条件変更法理の再構成』(1999年,有斐閣)は,もともと労働協約論が基本にあったのです。ドイツや日本的な意味での規範的効力の定めのないイタリアにおける労働協約の分析をとおして,組合員が労働協約に拘束される根拠はどこにあるのかを徹底的にこだわったところから,段階的正当性というアイデアが出てきたのでした(段階的正当性論については,拙著『雇用社会の25の疑問(第2版)』(弘文堂)の14頁注5で少し解説しています)。
 そして私的自治的正当性の議論を,まずは労働協約で貫徹させ(それはユニオン・ショップ無効論とも連動していますし,その後の拙著『労働者代表法制に関する研究』(2007年,有斐閣)の第4章にも掲載されている,ユニオン・ショップがある場合の不利益制限法理の議論とも連動しています),その試みを,野川先生はよく理解してくださったのだと思います。
 実は,季刊労働法で連載されている第3期文献研究で,研究会の段階では,規範的効力を採りあげていましたが,諸般の事情から,活字にはなりませんでした。自分でいうのも厚かましいのです(最近では外部資金の獲得などのために,自分の業績をアピールせよということを盛んに言われるので,そういうことに慣れてきました)が,拙著の労働協約論が,日本の学会に及ぼした学術的貢献について,それがどの程度のものかはともかく,誰かにしっかり批判的に検討してもらいたいなと思っています。研究会では少しやってくれていたので,活字にならなかったのがとても残念です。
 自分のことばかり書いてしまいましたが,この『労働協約法』は,私のような者の説までしっかりフォローしてくださっていることも含め,これまでの労働協約論を総括した業績で,その学術的価値は非常に高いと思います。労働協約論の重要性が,これからものすごく高まるとは思えませんが,労働法を学ぶ者にとっては,労働協約論の歴史的価値をしっかり学んでいなければなりません。そこでいう歴史的価値とは,戦前のドイツの翻訳的な労働協約論から,いかに日本独自の労働協約論に脱皮したか(あるいは,できていないか),ということと関係しています。本書を読んで,しっかり労働協約について勉強することを,とくに団体法を軽視しがちな最近の若手研究者に強く勧めたいと思います。
 もう一つ,野川先生関係では,野川忍監修・労働政策研究・研修機構編『職場のトラブル解決の手引き~雇用関係紛争判例集(改訂版)』(労働政策研究・研修機構)もいただきました。前に出されていたものの改訂版ですね。本のタイトルどおりの内容だと思いますが,手にして持ち歩くのにはやや重いのが残念です。これからはJILPTのような一種の公的機関が発行するものであれば,無料でネット配信して,逐次,情報をアップデートしていくというようなスタイルが求められるかもしれませんね(判例索引のなかの重複なども,そこで整理されたらいいでしょう)。

|

2017年1月29日 (日)

浦賀和宏『緋い猫』

  浦賀和宏『緋い猫』(祥伝社文庫)を読みました。
  17歳の洋子は,ヤクザ上がりで建設会社の社長をしている父を嫌い,父が憎んでいる「アカ」の佐久間という工員のことが好きになります。佐久間は,アカのグループのリーダーでしたが,あるときグループの2名が惨殺されます。佐久間は疑われ,そのまま故郷の青森に失踪します。洋子は,友人の良美を通じて,佐久間が洋子に故郷に来てもらいたいというメッセージを伝えます。そして洋子は青森に行くのですが,佐久間の父はやはりアカを毛嫌いする地主で,その村全体は何かを隠しているような不気味さがあります。佐久間の父も村中の人は,佐久間は帰ってきていないというのですが,佐久間が飼っていた赤い三毛猫をみかけた洋子は絶対に佐久間は帰ってきていると信じ,どういうわけか自分を客として扱ってくれる佐久間の父の家に滞在し続けます。その間,洋子は,佐久間をGHQのスパイと疑うジャーナリストに助けを求める手紙を送ります。
 という感じで,佐久間はどうなったのかというミステリー的な展開になりそうですが,話はまったく違う方向になり,洋子は監禁され,視力を奪われ,多くの男に犯されるという驚くような展開になり,そして最後は父に救出されるのですが,監禁されているときに彼女を外から支えてくれた男は実は・・・,というホラー的な終息となります。
 文章はとても読みやすいし,GHQのスパイとか,下山事件とか,プロレタリア文学とか,興味深いところも結構あったのですが,何と言っても後半の展開がグロテスクすぎて好きになれませんでしたね。 ★★

|

2017年1月28日 (土)

深水黎一郎『美人薄命』

  深水黎一郎『美人薄命』(双葉文庫)を読みました。この作家の本を読むのは初めてです。面白い作品でした。高齢者に対して弁当を届けるボランティアをする若者,礒田総司と,若いときに恋人を戦争で失った内海カエというお婆さんが登場人物です。お婆さんの悲しい回想を交えながら,ボランティアの若者とカエ婆さんとの交流を描くのですが……。すべてはカエ婆さんの妄想かと思いながら,実はそうでもないという二転三転のラストが面白いです。こういうシリアスな話を,トリックものにしながら描く(アナグラムは古典的な手法だと思いますが)というのは,相当の力量だと思います。最近,ちょっと甘めですが,それでも読みごたえがあるので★4つにします。 ★★★★

|

2017年1月23日 (月)

伊岡瞬『代償』

 伊岡瞬『代償』(角川文庫)を読みました。東野圭吾『殺人の門』を想起させるような男同士の暗い関係。そこに出てくるのは,どうしようもない悪人,達也です(以下,少しネタバレありです)。
 母の遠縁にあたるという道子(養子で実は血がつながっていない)と,道子の再婚した夫の連れ子である達也が,何不自由なく育っていた平和で幸福な家庭に,突如現れてきたときから,圭輔の運命は暗転します。達也によって,自宅を事実上放火され,両親を殺され(しかも母親はレイプされる),その後に道子の家庭に引き取られた圭輔は,親の財産を奪われ,奴隷のように働かせるという暗黒の中学生時代を送ります。達也は,口が達者で,人の弱みにつけこむことが多いのですが,根っからのワルで,すでに達也の周りでは多くの人が謎の死を遂げています。
 そういう子供時代の圭輔の話が第1部で,第2部では,圭輔が司法試験に合格し,若き弁護士として羽ばたこうとして以降の話です。そこに,またまた達也が現れます。達也が強盗殺人で逮捕されたために,その弁護を引き受けてほしいという依頼が達也からきます。しかし,これまで自分では決して手をくださすことがなく,周りを利用することしかしていなかった達也が強盗をするということは考えにくいし,そして,なんと達也には当日のアリバイを証明するもの(義母の道子とのセックスの動画をネットで世界中に配信していました)があったのです。達也は,無罪である証拠を事前に出さずに,あえて圭輔を弁護人に引っ張り出し,そして裁判員裁判の最後の最後でその証拠を提示するという,回りくどいことをしたのですが,それはなぜでしょうか。
 『殺人の門』と違って,この作品では,達也はしっかり罰を受けるところがいいです。
 それにしても,どうしようもない悪人に,とりつかれて不幸のどん底に落とされた善良な人間についての読むのがつらくなる前半と,精神的に追いつめられながら,ギリギリいっぱいで逆転するという点で,最後は爽快な要素もあるミステリーの後半との組み合わせが絶妙です。非常によくできた小説だと思いました。
 この著者の作品は,もう少し読んでみたいですね(★★★★)。

|

2017年1月18日 (水)

東野圭吾『殺人の門』

 冬休み中に読んだ本のなかの1冊が,東野圭吾『殺人の門』(角川文庫)。東野圭吾の少し前の作品です。長編で,とても暗い話なので,途中で読むのが辛くなるようなストーリーなのですが,でもあっという間に読み終えました。やっぱり話の展開がうまいですね。これでもか,これでもかという不幸がおそいかかるなか,殺意はついに現実化する……。屈折した友情の行き着く先は,どうなるのか……。 ★★★(格差問題やエリートの転落という視点でも読めるかもしれません)

|