スポーツ

2017年9月10日 (日)

夢の9秒台

 陸上の桐生祥秀選手が全日本インカレの100mで,ついに9秒台に突入しました。日本人で9秒台というのは,ほんとうに夢だったのです。たしかに伊藤浩司の絶頂期(1998年)に10秒00まで行っていたので,あともう一歩というところまで来ていました。桐生自身も4年前にすでに10秒01まで来ていました。しかし,10秒を切るかどうかは,その根拠はともかく大きな違いがあり,そこにこれまで壁がありました。日本記録は,およそ20年間停滞していたのです。
 私が陸上をやっていた高校生のころは,黒人にしか絶対無理と思われていた9秒台でしたし,いまでも,2010年に白人初の9秒台を出したフランスのLemaitre(ルメートル)はいますが,まだ圧倒的に黒人が強い競技です。日本人の9秒台は,国民を勇気づける快挙といえるでしょう。

 桐生の記録は,もちろん,日本の陸上史に残る大記録ですが,これは彼にとっての第一歩にすぎません。目指すはオリンピックでのファイナリストでしょう。今回は,世界選手権の個人競技に出れなかった挫折,大学最後のレース,自分の地位を脅かすようになった関学の多田修平へのライバル意識,適度の追い風など,いろいろな条件がそろって出た記録です。これからは普通の状態でもコンスタントに9秒台を出してもらいたいものです。

|

2017年8月15日 (火)

世界陸上

 オリンピックのときにも書きましたが,男子100m×4のメダルはすごいことです。リオ五輪では銀メダル,今回も銅メダル。短距離では,この4Kのリレーしかメダルの可能性はありませんが,それにしても見事です。もちろん,リオではアメリカの失格での銀,今回もボルトの負傷でジャマイカが脱落したから3位に入れたのですが,それは問題ではありません。ケガなく,またバトンをきちんと渡して失格せずに走るというのも実力です。堂々たるメダルです。
 タイムは38秒04で五輪のときよりも悪かったですが,あのときとメンバーが2人代わっているのもすごいところです。日本の男子100mの層が厚くなったということです。彗星のように現れた大学生の多田修平(準決勝敗退),五輪のときのメンバーですが,今回,個人戦では走れなかった桐生祥秀,個人戦は200mの飯塚翔太(準決勝敗退),そして五輪メンバーでもなく,個人戦でも走っていない藤光謙司というメンバー構成は,どう考えても勝てそうにないのです。実質エースになっていたサニブラウンを休ませ,不調のケンブリッジ飛鳥を外したコーチの英断を褒めましょう。
 今後,リオ五輪の37秒60を上回るのは,多田⇒サニブラウン⇒桐生⇒ケンブリッジのときではないかと思います。ただ,次の五輪では,この4人のうち何人かは,個人戦にもでるでしょうから,個人で3本ないし4本走り,リレーで2本ないし3本はきついかもしれません。サニブラウンも100mと200mの両方に出て,より多い本数走るでしょうから,あまり期待しては可愛そうです。リレーで勝つためには,選手の底上げで補欠の選手の頑張りが必要ですね。
 それと地味な種目ですが競歩の50kmも快挙です。荒井選手の五輪に続くメダルはすごいことです。陸上競技男子で,2位と3位を日本人がとるなんてところは,見たことがないですね。しかも3人目も5位です。20kmはダメでしたが,距離が伸びると結構戦えるというのは,かつてのマラソンと似ているのでしょうか。男子マラソンは,世界との差が開いて,メダルなどは夢のまた夢になってしまいましたが。

|

2017年4月30日 (日)

まずまずのスタート

 今期の阪神タイガースは,4月を終わって,14勝10敗で貯金が4。どのチームにも負け越しておらず,まずまずのスタートでしょう。マテオ→ドリスの抑えのリレーが安定していて,必勝型があるのがいいです。岩崎,藤川,松田,高橋もよく,さらに金本監督のお気に入りの桑原が新戦力として大活躍です。先発は,メッセンジャーが今年は快調で勝ち星もついており,ローテーションは岩貞,能見,藤浪,秋山,青柳で回しています(横山も使えそうです)。秋山が4月はエース級の安定した活躍でした。能見は勝ち星に恵まれず,青柳は不安定ですが,今後に期待できます。藤浪も2勝しており,これで岩貞が復活すれば(JOSHINの呪い[JOSHINのCMにでれば活躍しない。昨年の藤浪,上本,梅野は総崩れで,今年から梅野が岩貞に代わった]がなければいいですが),投手順はそこそこいけるでしょう。
 打線は外人抜きの国産(ここ数試合はキャンベルが使われていますが)で,上本が今年は好調ですし,鳥谷も前半は飛ばしました。何と言っても糸井の安定感はばつぐんで,糸福留とのコンビは相手投手に脅威となっています。今年からファーストコンバートの原口はここまでは不調ですが,そのうち調子をあげてくれるでしょう。レフトは高山がやや不調で,途中から中谷との併用となっており(中谷は原口とも併用されています),和製大砲の中谷のこうした使い方はかなり贅沢で,よい競争になっています。ショートは,北条は打率は低いですが,監督が辛抱強く使っています。糸原というライバルもいますが,チャンスをつかみきれていませんね。捕手は梅野で固定する方針のようです。梅野は捕手としての力は上げていますが,いくらなんでも2割は打たなければ使っていけないでしょうね。江越,大和など使ってみたい選手を十分に使えないくらいの状況ですが,ただ安心はできません。戦力的にみると,WBC疲れの筒香のDeNAや山田のヤクルトがまだ眠っている状況であり,これらのチームと戦力的には大きく違うとは思えません。広島がこのままもたついてくれていると,セリーグはパリーグと同様,大混戦になるかもしれません。とくに阪神は,夏場になると,福留にはいっそうの休養日が必要ですし,鳥谷は好不調の波が激しく,サードの守備が不安定なのに,連続試合出場などで使い続けられるであろうことから,ここがウイークポイントにならないか心配です。

|

2017年1月22日 (日)

稀勢の里おめでとう

   大相撲は,やっと稀勢の里が優勝しました。実力は現在のどの横綱よりも上ということは,昨年の年間最多勝で証明済みであり,琴奨菊や豪栄道が,最初で最後の狂い咲きをした感じの優勝とは異なり,稀勢の里は,実力どおりのものがやっと出たというところでしょう。今日の白鵬戦も良かったです。横綱の白鵬が必死に戦ってくれました。消化試合とせず,全力で稀勢の里を倒しにきた横綱は鬼気迫るものでした(横綱も偉い)。それを打ち破った稀勢の里は,まさに新たに角界の第一人者となる資格十分というところです。
 横綱が二人休場,大関二人が皆勤で負け越し(しかも一人は大関陥落),一人は休場というボロボロの状況でも,あまり寂しくなかったのは,要するに上位陣は白鵬と稀勢の里がいれば十分ということでもあります。
 稀勢の里は横綱となりそうです。実力は誰もが認めるもので,直前の2場所だけ良かったから昇進というのとは違い,久しぶりの強い横綱の誕生となりそうです。前の師匠の隆の里に似た体型で,しかも隆の里と同様の遅咲きの昇進。白鵬に翳りが出てきたなか,稀勢の里の一強時代が到来するかもしれません。今場所もボロボロの琴奨菊にあっさり負けるなど,ポカも多いのですが,まともに稀勢の里と戦って勝てそうな力士は,白鵬以外はちょっと見当たりません。
 昨日の優勝のシーンも感動的でした。まず逸ノ城を完璧に寄り切り,勝ち残りではなく,支度部屋にいて,そこで白鵬が負けた知らせが入り,最初は涙をこらえて背中を向け,そしてインタビューを受け,その最後に左目から涙がぽろりとこぼれるところは,多くの人がほろっときたことでしょう。国民みんなが待望していた久々の日本人横綱の誕生です。ついでに言うと,白鵬に勝った貴ノ岩の相撲もすごかったです(この貴乃花部屋のモンゴル人力士の将来も楽しみです)。こういう取組が続けば,大相撲はもっと盛り上がるでしょうね。

|

2017年1月 6日 (金)

判定競技に思う

 お正月前後の休みはサスペンス小説ばかりを読んでいました。その合間に,年末はボクシング観戦もしました。井上直弥は強かった。井岡もダウンをくらったけれど頑張った。八重樫は手堅い勝利。というようなことがありましたが,一番驚いたのは,IBF世界スーパーバンタム級新王者の小国以載が,22戦無敗22KOという強いチャンピオンのグスマンに判定勝ちした試合です。途中でボディでダウンを奪い試合を優勢に進めました。11ラウンドでもボディでダウンを奪ったかと思ったのですが,レフェリーがローブローの判定で,チャンピオンを露骨に(?)助けるシーンがありました(レフェリーは,非常によく見える位置にいました)。ほんとうはあそこでKOになっていたのかもしれません。判定になって心配しましたが,3-0で完勝でした。戦前の予想では圧倒的に不利であったのに,ボディ攻撃が効果的で,恐れずに攻めていったことが勝利を生んだのでしょう。
 審判の問題シーンというと,少し前になりますが,クラブワールドカップの決勝の,鹿島対レアル・マドリード戦があります。最後は延長で鹿島は負けたのですが,後半終了直前に,レアルの選手が反則をして,審判がカードを出そうとしていたところ,突然不自然にその手を止めるということがありました。2枚目のイエローなので退場かと思ったのですが,結局,カードは出なかったのです。あそこは明らかに,審判はイエローが2枚目だと途中で気づいて,これはやばいと思って引っ込めたものでした。レアルが負ければ大変だと思ったのかもしれません。鹿島が押していただけに残念でした。
  そういえば,リオ・オリンピックの柔道の100キロ超級のリネール・原沢久喜戦も,明らかに原沢が優勢でしたが,リネールには指導が出ませんでした。絶対王者を負かせてはならないという遠慮をした審判の姿が世界中に流されました。
 一方当事者に肩入れしているような審判は,永久追放にしてほしいのですが,その一方で,審判に肩入れしてもらうくらい強くなればいいともいえそうです。判定競技の多くが審判に左右されるものであるのなら,その審判を(買収はいけませんが)活用するくらいの「顔」にならなければならないのでしょう。「顔」となるためには,まず勝っていかなければならないのですが。ボクシングなら顔にパンチをいれてのKO,サッカーなら絶対にオフサイドにならない位置からのシュートによるゴール,柔道なら文句なしの一本というように,審判の裁量が入らないところで勝てる力をつけて,這い上がっていくべきなのでしょうね。
 リオ・オリンピックの体操個人総合の内村航平の最後の鉄棒は,まさに審判も味方につけた演技だったのでしょう。内村くらいの絶対王者になればいいのです。原沢にはぜひ次のオリンピックで頑張ってほしいですね。小国もここで燃え尽きることなく,防衛していってほしいです。

|

2016年12月11日 (日)

阪神タイガース契約更改

 ここ数年やっていた阪神タイガース選手の成績評価は今年はやっていません。あまりにも多くの選手が使われたので,全部,きちんと評価できないというのがその理由の一つです。
 ただ今シーズン一番活躍したのが,福留と原口と高山であることは間違いないでしょう。この3人がいなければ4位にとどまってもいられなかったでしょう。西岡のケガ,ゴメスの期待外れ(そこそこホームランは打ちましたが),ヘイグは論外。そして鳥谷です。鳥谷の拙守,低打率。これがチーム最高年俸の4億をもらうというのは,5年契約の途中なので仕方ないとはいえ,困ったものです。
 来期は糸井が来て,外野がようやく固まりそうです(福留,高山,糸井)。原口は捕手だと,彼の価値が半減以下となるので1塁で使い,福留が疲れて1塁に回るときだけ,原口を捕手で使うということになるのではないでしょうか。また福留はケガや疲労の可能性もあるので,江越,横田,中谷,板山,伊藤,緒方らも外野のチャンスを狙ってほしいです。江越はこれだけ使ってもらったのですし3番も打ったのですから,来年は勝負の年でしょう。ただ金本監督が糸井を獲得したということは,これらの若手は今年1年間の試験に合格しなかったということです。奮起を期待します。
 遊撃は今季これだけ使ったのですから来年も北條でしょう。鳥谷を使うのなら3塁でしょうが,西岡が復帰したら,西岡との競争です。監督も連続試合出場にはこだわらないでもらいたいですね。2塁は大和,上本あたりの競争でしょう(上本はバッティング・フォームを変えたほうがいいような気がするのですが)。ただ陽川,荒木ら新しい選手に出てきてほしいです。
 阪神の弱点は捕手,2塁,センターという中心ラインが定まらなかったことにありました。センターに糸井が入ってくれて,2塁がもう少し強化されれば,残すは捕手です。梅野も来季がダメなら戦力外です。岡崎は今シ-ズン最初のような活躍をもう一回やってくれればと思います。捕手は肩とリードがよければ,2割2分打ってくれれば十分です。打力向上を期待します。
 投手は,岩崎をセットアッパーにするかもしれません。岩崎は1イニングなら,かなり使えそうです。今シーズン終盤も予行演習をしていました。1985年の福間のような活躍ができればと思いますね。先発は苦しいですね。メッセ,藤浪,岩貞に加えて,青柳は来年ブレイクして欲しいです。能見は負けが多いのでどうかと思いますが,まだ頼らざるを得ないでしょう。藤川も,抑えよりも5回限定の先発のほうがいいかもしれません。ストッパーは,来年もマテオしかいません。2年目に入り安定してもらいたいです。望月には大きな期待が集まっていますが,どうなるでしょうか。
 新人選手はよくわかりませんが,新人王をとった高山クラスはなかなか出てこないでしょうね。しかも糸井の人的補償で抜かれる選手が出てきます。投手の岩田あたりかという噂もありますが,岩田はプロテクトしておいてほしいですね……。

|

2016年11月16日 (水)

サッカー日本代表のサウジ戦

 昨日のサウジ戦は良かったですね。新しい戦力が活躍して結果も出して単なるサッカーの試合というだけではなく,日本の将来を考えていく上でも参考になることでした。沈滞したベテラン勢がいつまでも幅をきかせているようではいけません。とはいえベテランが必要なこともあるので,そのコンビネーションが非常に良かったです。ハリルホジッチ監督は,負ければ解任という噂も流れている中で,怪我をしてるわけでもない本田と香川を先発から外して,まさに後のない賭けに出て,見事に結果を出しました。
 数日前のオマーン戦は何のための試合だったかという批判もあったのですが,すでに好調であることがわかっている清武と原口以外に,大迫の調子が良いことを確認するという意味もあったのでしょう。浅野や斎藤の調子もみたかったのでしょう(そしてダメという判断をしたのでしょうね)。司令塔としての清武の安定感,前線の大迫の存在感,守備も献身的な原口,やはり信頼感抜群の長友や長谷部といった,新旧のコンビネーションがうまく機能しました。久保も,本田が今一つということで思い切って先発に使い,これで本田の尻に火がついた感じです。昨日は後半から出て頑張っていました。決定力不足は深刻ですが。香川はみんながもっとできるだろうという期待が高すぎることが彼に可愛そうなところもありますが,大事な試合では昨日のように途中出場になるでしょうね。
 それでもホームで1点差の辛勝ですから,やはりこれからの戦いは厳しいです。とくにサウジのラフな戦い方は,アウエイではもっときついものとなるでしょう。オーストラリアがもたもたしていて助かっていますが,最終予選の後半はまだまだ目が離せません。
 勝っても監督交代という話が出ていますが,ここは監督は代えない方がよいのでは,という気もしますね。新しい選手を登用するにいは,ある程度長く選手をみてきていることが必要なので。
 いずれにせよ今日のような試合をしてくれたら,忙しいときでも,ライブで見ようかなという気になります。

|

2016年8月20日 (土)

4Kで銀メダル

 リオ五輪の陸上の100×4リレーで,日本が銀メダルをとりましたね。現在の日本の陸上でメダルに届くとすれば,有力チームがミスで脱落する可能性の高い男子4Kですが,まさかほんとうにアメリカに勝つと思いませんでした。アメリカは決勝で失格していましたが,着順でもアンカーのケンブリッジがわずかにアメリカ選手に勝っていました。これがどれだけすごいことかは,陸上をやっていた人以外でも,よくわかると思います。

 日本の4選手は,誰も決勝に残っていないし,10秒を切っていないのに,2位になれるというところが,リレー競技の醍醐味です。ボルトがいなくなれば,ジャマイカにだって良い勝負ができそう,というような夢を見させてくれる走りぶりでした。

 山県は,個人の100mから,ずっといい走りをしてきました。準決勝で敗退したとはいえ,自己ベストの1005を出していて,その安定ぶりはピカ一でした。ケンブリッジも準決勝に進出しましたが,予選より記録が落ちていました。桐生にいたっては平凡なタイムで予選落ちで,飯塚も200mで予選落ちということで,冴えなかったのですが,リレーで桐生も飯塚も生まれ変わりました。飯塚は100mのタイムはダメなのですが,リレーでは足を引っ張らず,エースが走る2走で見事につなぎましたし,桐生はリレーでは緊張がとけたのか,別人のようなワールドクラスの走りをしてくれました。ケンブリッジも,とくに決勝は,すさまじい追い上げにあいながら,よく逃げ切ったものです。

 技術(バトン技術の高さ)と精神(4人の精神的な結びつき)の勝利は,日本人を感動させる要素十分です。

 もともと男子100mは個人種目とは異なり,4Kはそこそこ勝負をすることがあったのです(北京オリンピックでも銅メダル)が,予選から37秒台に突入し,決勝では記録をさらに上げて銀メダルというのは,誰もが予想していなかった快挙でしょう。

 飯塚もよかったのですが,今後は100m100台で走るようなスペシャリストがもう一人くらい出てきて,あとの3人(山県,桐生,ケンブリッジ)が100台をコンスタントに出すような走りができるようになると,東京オリンピックは金メダルだって期待できるかもしれません(アメリカはリレーではよくミスをしますし)。

 競歩については全然知らなかったのですが,50キロで銅メダルというのもすごいですね。陸上は,ここまで棒高跳びの沢野の入賞(記録は平凡),女子5000メートルの上原と400メートル障害の野澤が予選で頑張ったくらいで,男子の10000メートルや,女子のマラソンの惨敗がひどすぎて,暗くなっていましたが,ようやく明るい話が出てきました。男子マラソンは全然期待していませんが,どうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

ボクシング世界戦

 ブログのタイトルに労働法が入っているのに,労働法の話を全然書かないと思われているかもしれませんね。そういうときは,だいたい労働法の論文を書いているときです。そういうときは,労働法のことは論文にエネルギーを傾注すべきで,書くとすればまったく違う話題のほうがいいのです。  ということで,今日は,テレビ観戦したボクシングの世界タイトル戦。まず,IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦。同級1位和氣慎吾と2位ジョナタン・グスマンの一戦。和氣というと,和気清麻呂を思いますが,関係しているのでしょうか。それはともかく,第2Rラウンドで2回ダウンしたあたりから,将棋でいえば「手合い違い」という感じで,相手が強すぎました。4回ダウンしながら11回までもったことが,むしろ奇跡的です。和氣はよく頑張ったと思います。途中からはグスマンも疲れて変調でしたから,まったくチャンスがなかったわけではなかったのかもしれませんが,それでも和氣が勝てそうな雰囲気はなかったですね。パンチ力に違いがありすぎました。頑張りすぎて,後遺症が残らないか心配です。和氣は悔しかったでしょうが,この相手では仕方ありません。
 メインイベントは,WBA世界フライ級タイトルマッチで,3階級王者のチャンピオン井岡一翔と,同級6位のキービン・ララとの一戦。ララは善戦したと思いますが,お互い顔は綺麗で,決定的なパンチがなかったのでしょう。井岡のパンチは,相手が倒れてもおかしくないようなものもかなりヒットしていましたが,それでもララの手数は落ちませんでした。ただ10回あたりから,ララは苦しそうになり,11回で見事KOとなりました。やはり井岡のパンチは効いていたのでしょう。相手があまりにも倒れないので,井岡が打ち疲れだけが心配でしたが,それ以外はチャンピオンの完勝だったと思います。11回まで頑張った挑戦者を誉めるべきでしょう。
 和氣は喧嘩好きがボクシングに転身したというイメージで辰吉や亀田的なイメージをもっていますが,井岡はスポーツとしてのボクシングをやっているアスリートという感じです。井岡の試合は不思議な透明感がありますね。こういうボクシングなら,ボクシングを野蛮なものと思っている女性たちも楽しめるのではないしょうか。井岡は統一戦をねらっているということですが,ぜひ頑張ってほしいです。
 それにしてもテレビの解説がダメです。内藤大助はいくら元チャンピオンでも,いけません。香川照之を呼ぶべきです。

| | トラックバック (0)