グルメ・クッキング

2016年8月15日 (月)

たか木・Sirimiri

 年に2回の恒例の高校時代の同級生との飲み会は,今回は,芦屋の「たか木」にしました。ミシュラン二つ星の店で,おじさん4人で行くようなところではないかもしれませんが。
 前回の冬も芦屋で,そのときは「仁」という日本料理屋でした。仁もとても良かったですが,どちらかというとアットホームな感じで,たか木のほうは,接待にも使えるゴージャスな店でした。
 もちろん料理も完璧で何一つ不満となるところはありませんでした。飲み物はお酒にして,料理にあわせたものをもってきてもらうように店の人に頼みましたが,そのチョイスも良かったです。この飲み会では,過去数回,飲み過ぎになっているので,今回は飲み過ぎないように慎重に注文しましたが,それでも一人3合くらいは飲んだかもしれません。
 人手が足りないのか,注文の連絡がうまくいかないときもありましたが,とくに何も気になりませんでした(接待で使っていたら,ちょっと気になっていたかもしれませんが)。
 値段的には1万円のコースからで,めったに行けるところではありませんが,50歳を過ぎたおじさんたちがグルメを楽しむのですから,たまには許してもらいましょう。
 ところで先日,神戸元町にあるSirimiriというスパニッシュに行ってきました。スペインの雰囲気が漂う綺麗な店です。豊富な種類のピンチョスがおいしく,私の好物のtortillaも絶品でした。ここはバスク風だそうです。バスクは行ったことがないのですが,とても関心のあるところです。バスク語は他の欧州言語のどことも関連性がないので,その起源が長らく謎となっていました。ということなのですが,この店のマスターから,最近,アフリカ起源ということがわかったそうですよ,との情報。なるほどと納得すると同時に,これでますますバスクに興味が出てきました。いつか行きたいですが,とりあえず,この店の料理を味わってバスクのことを思うことにしましょう。なお,この店のsangria も最高でした。日本でも,sangriaを飲めるところは多いですが,私はここが一番美味しいと思いました(本場スペインのバルセロナでも何度も飲みましたが,たまたまかもしれませんが,味は今一つでした)。あとはpaella のおいしいところを見つけたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)