« フリーランスの地位向上のために必要なこと | トップページ | 弥永真生・宍戸常寿編『ロボット・AIと法』 »

2018年6月 7日 (木)

進化する藤井将棋

 藤井聡太七段は,今年も竜王戦の決勝トーナメントに進出することになりました。新人が2年連続で竜王戦の決勝トーナメントに進出するのは大変な快挙ですが,もう誰も驚きません。それにしても,昨日の竜王戦5組ランキング戦の決勝での石田直裕六段との対局における藤井将棋の勝ちっぷりは,プロもうならせたようです。といっても,圧勝したという将棋ではありません。途中まではほぼ五角か,ちょっと藤井劣勢という将棋でした。将棋の内容は,先手の石田六段が積極的に攻め,71手目で飛車と金の両取りの銀を打ったところでは,藤井玉は挟撃体制に追い込まれ,石田優勢かというところでもありました。藤井七段は,飛車のほうを逃げるのですが,8六飛と逃げたところで,8七歩と打たれ,今度は7六飛と逃げましたが,7七歩と打たれてしまいました。ここで飛車を逃げると,両取りに打った銀で金を取られてしまい,藤井玉は窮地に陥ります。もちろんまだ粘れるのですが,ここで藤井七段は飛車を逃げずに,なんと七歩と成り込んで飛車を捨てたのです(一番強い飛車と一番弱い歩の交換)。おそくらプロの誰も読まなかったであろう手です。飛車を捨てて相手に与えたことにより,当然,藤井玉は絶対的な窮地に陥ります。しかし,まだ辛うじて一手の余裕があり,そのため桂馬を8五に跳んで,竜をとった金にあて,金が7六に逃げたところで,どうなるかでした。AbemaTVでは,屋敷九段と及川六段が検討していましたが,5八にいると金を寄って詰めろをかけるという手が検討されていました。藤井玉は危ないですが,金や銀を与えなければまだ一手の余裕を維持できました。そして金や銀を与えずに安全に勝つ方法はあったのです。しかし藤井将棋は,そこで最短だが,わずかでも間違えればおしまいという危険な手を選びました。相手に銀を渡しながらも,反撃の機会を与えずに勝ちきってしまったのです。正確な読みに裏付けされ,危険を恐れない勇気があるという点では,まさにコンピュータのような将棋です。プロが集まっても思い浮かばないような手で勝つのは尋常ではありません。私のように素人ファンの多くは,プロのねちっこい将棋はわかりにくいので,果敢な攻め将棋に魅力を感じます。谷川浩司九段が人気があるのは,そういう将棋を指してきたからです。まさに魅せる将棋です。藤井将棋にも,そうした魅力があります。藤井将棋に触発されたのでしょうか,最近では羽生竜王も果敢な攻め将棋になっていますね。プロの将棋を流れが変わりつつあるのかもしれません。それにしても,藤井七段は,ほんとうに竜王を奪取してしまうのではないかという勢いです。
 王位戦は,挑戦者決定戦で,前期にタイトルを奪われた羽生善治竜王がリーグ戦をトップで通過してリベンジの機会をねらいましたが,豊島将之八段に敗れました。これはちょっと辛いですね。いくらリーグ戦で勝っていても,ここで負けてしまえば,どうしようもありません。これで菅井竜也王位と豊島八段という関西勢どうしのフレッシュなタイトル戦となることが決まりました。
 羽生竜王と豊島八段は,その2日後に今度は棋聖戦のタイトル戦で激突しました。この将棋も,豊島八段が再び羽生棋聖(竜王)に勝ち,先勝しました。棋聖戦は羽生棋聖に若手が挑戦するというのが続いていて,豊島八段も3年前に登場して羽生棋聖に敗れていました。豊島八段の充実ぶりからすると,今年は王位,棋王のダブルタイトルをとって,一気に無冠の帝王から脱却するかもしれません。

|

« フリーランスの地位向上のために必要なこと | トップページ | 弥永真生・宍戸常寿編『ロボット・AIと法』 »

将棋」カテゴリの記事