« 公益通報とは | トップページ | 藤井聡太七段 »

2018年5月18日 (金)

西城秀樹

 西城秀樹というと,私たちの世代の子供のときの大スターです。西城秀樹を嫌いという人はいなかったと思うくらい,老若男女から愛された国民的スターでした。彼の初期のころの曲の多くは,いまでも歌詞をみなくても歌えます。毎日テレビでみかけて,こちらも毎日振り付けをまねて口ずさんでいました。あの髪型はあこがれで,大人になったらやってみたいと思っていました(結局似合わないのでやりませんでしたが)。
 「YMCA」が代表的のようになっていますが,それよりも初期の曲のほうがよく,「チャンスは一度」(経済学者の玄田有史さんが昔,論文のタイトルに使っていて,やられたと思いました)「青春に賭けよう」「情熱の嵐」「薔薇の鎖」「ちぎれた愛」「激しい恋」「傷だらけのローラ」「恋の暴走」あたりまでは,どっぷり西城秀樹に染まっていました。その後も「君よ抱かれて熱くなれ」「ラストシーン」「ブーメランストリート」あたりまでは覚えていますが,徐々に私も秀樹から卒業していきました(オフコースのカバーの「眠れぬ夜」,もんたよしのりの「ギャランドゥ」も記憶に残っていますが)。
 いま聞き直しても,初期の曲はかっこいいです。昭和の匂いがムンムンしていて,それが懐かしいのです。彼の独特の声は,歌謡曲の正統派からは外れていたのでしょうが,ボーカリストとしての彼の魅力となっていました。
 少し年上のお兄さん世代と思っていましたが,かなり若いときから脳梗塞で倒れるというニュースもあって心配はしていました。こんなに早く鬼籍に入るとは……。とても残念です。久しぶりにカラオケに行って,秀樹の曲を歌いまくりたくなりました。ご冥福をお祈りします。

|

« 公益通報とは | トップページ | 藤井聡太七段 »

音楽」カテゴリの記事