« 西城秀樹 | トップページ | 労働法の教科書 »

2018年5月19日 (土)

藤井聡太七段

 藤井聡太六段は,竜王戦5組ランキング戦準決勝に加古川出身の船江恒平六段に勝ち,決勝進出と同時に4組昇級を決め,同時に2期連続昇級となり七段に昇段となりました。16歳の七段は史上最年少です。
 対局は,藤井六段は後手でしたが,猛烈な攻め合いとなり,後手の敵陣の2八に打った銀がよく利いて,先手のと金よりも働きました。最後は先手の攻撃をかわして,詰ましてしまいました。これで今期も5連勝と好調です。5組で優勝すれば,竜王戦挑戦への道が開かれます。これが同じようにクラスがある名人戦とは違う竜王戦の特徴で,そこを勝ち上がり続けると1期で竜王になれるという大下克上がありうるシステムとなっています。
 王位戦挑戦者決定リーグは,紅組は羽生善治竜王が4勝1敗で優勝です。谷川浩司九段は最終局で近藤誠也五段に勝ちましたが,2勝3敗で残念ながらリーグ陥落です。また頑張ってほしいです。白組は,澤田真吾六段が,せっかく前局で豊島将之八段に勝って単独チップに立ったのですが,最終局に阿久津主税八段に負けて4勝1敗で,佐々木大地四段に勝った豊島八段と星が並びプレーオフとなりました。勝ったほうが,菅井竜也王位への挑戦をかけて,羽生竜王と戦います。
 王座戦の挑戦者決定トーナメントも進行中で,谷川浩司九段は,初戦で渡辺明棋王に負けてしまいました。こちらはベスト8が決まりつつあり,渡辺棋王以外にも,菅井王位がいるし,藤井聡太新七段も残っています。中村太地王座への挑戦をかけての戦いです。
 名人戦の第3局は,羽生挑戦者が勝ち2勝1敗でリードしました。羽生竜王はすべての棋戦で勝ち残っており,タイトルを失っても依然として好調です。今日から第4局です。
 新しい棋戦の叡王戦は,高見泰地六段が3連勝で,タイトル奪取に王手となりました。金井恒太六段の調子があまりよくないようです。3局目は千日手指し直しで,将棋の内容はワンサイドになっていました。

|

« 西城秀樹 | トップページ | 労働法の教科書 »

将棋」カテゴリの記事