« 講談社現代ビジネスに登場 | トップページ | アメフトのラフプレイ »

2018年5月13日 (日)

労働新聞とビジネスガイドの新作

 連休明けには,「連休中はどうしていましたか」と聞かれることが多いのですが,私はとくに外出もせず,いつもどおりの生活をしていました。連休中は人が多くて出かける気にはなりませんし,連休の合間も授業があるので,連続休暇をとれるわけでもありませんでした。たまっている仕事をこなす程度ですが,思うようには進みません。確実に生産性は落ちていますが,事前にスケジュールだけは,若いころと同じように立ててしまうので,帳尻合わせに苦労して,いろいろ周囲に迷惑をかけてしまうことが増えています。
 そんななかでも連載原稿は穴をあけることはできないので,必死に頑張っています。1週お休みになっていた週刊労働新聞の「雇用社会の未来予想図-技術革新と働き方-」の第17回は,「労働組合は今後どうなるか」です。たまたま先日刊行された「電機連合NAVI」とテーマがかぶっていますが,雇用社会の未来を語るときには労働組合のことは避けて通れません。
 現在,労働組合を政策的に論じるときには,現状の衰退傾向にどう対処するか,労働委員会の実務でいうと,コミュニティユニオンや実質個別紛争をどうみるか,また労政審などでの労働組合の代表性をどう考えるかといった問題が思い浮かびますし,AI時代との関係では,自営的就労者が増加するなかでの働く人の新たな組織のあり方というものがあり,それと関係する独禁法関係の論点もあります。これらをすべて論じる必要があるのが,現在の労働組合に関する法政策論の状況であり,まだまだやることはたくさんあります。
 ちょうど先日の大学院の授業で,労働組合と独禁法の関係について少し議論をすることがあり,そこでわかったのは,まずは日本法の枠内で,労働組合がなぜ独禁法の規制を受けないのかというところを,歴史的,比較法的かつ原理的に考える必要があるということでした。
 ビジネスガイドの「キーワードからみた労働法」の第131回は「アブセンティズムとプレゼンティズム」というテーマです。このブログで最近よくとりあげている健康確保とAIという問題と関係しています。
 連休が終わると,もうすぐ梅雨で,そして夏がやってきます。そんななか国会の動向も気になりますし,長澤運輸事件とハマキョウレックス事件の最高裁判決も出される予定であるなど,労働法ウオッチャーにとって熱い夏がやってきそうです。

|

« 講談社現代ビジネスに登場 | トップページ | アメフトのラフプレイ »

私の著作」カテゴリの記事