« 経営労働政策特別委員会報告 | トップページ | 週刊ニュース深読みに出演しました »

2018年2月 9日 (金)

適温経済の終焉?

 Goldirockという言葉が,経済界ではよく使われます。適温経済という意味で,この言葉がどこから来たかということは,たびたび解説されているので,ここであえて書くまでもないことでしょう。童話の世界の言葉です。インフレもなく(過熱もせず),景気後退もない(冷え過ぎもしない),ちょうど良い具合に経済が進んでいるという状況に慣れてしまうと,いざ大きな変化が起きたときに,すぐに対応できなくなるかもしれません。
 トランプ政権がなんだかんだ言って支持されているのは,アメリカ国内の経済が好調だからでしょう。安倍政権もそうです。野党は雇用/労働政策については格差問題くらいしか攻撃できないのですが,失業率も低く,内定率も高く(若年者失業が少ない),非正社員が増えているからといって,最低賃金も着実に上がり,非正社員から正社員への転換も進み,法律もそれを後押ししている(労働契約法18条)というような状況で,さらには春闘にまで介入して賃上げ要請をしている政府に,国民は不満をもちようがないのです。インフレは,政府や日銀の思いとは異なりなかなか進まないのですが,それは国民にとってはありがたいことでもあります。北朝鮮のような国難に,アメリカと連携して対処できるのも,安倍政権しかなさそうだということまで,安倍政権に有利に働いています。
 しかし,日米の政権も,適温経済が終わると,どうなるでしょうか。現在のような幸福な状況はいつか終わるはずです。すでに,先週来,アメリカでも日本でも株価の大幅下落が起きており(といっても昨年秋からが異常な株高状態だったので,本来の水準に戻る調整局面に入ったということにすぎないのかもしれないのですが),不穏なムードが漂っています。少なくとも日本企業の業績は好調で,企業の評価が下落したから株価が下がったわけではないようですが,景気とは心理的なものなので,今後の動きは予断を許さないものとなっています。
 経済が悪くなれば,政権は危なくなり,思い切った将来志向の政策を打ち出せなくなります。気がかりなのは,現在の雇用・労働政策が,「働き方改革実行計画」にしばられてしまっていることです。この計画の遂行のためにエネルギーを使いすぎて,もっと大胆な改革が遠のくことが気がかりです。あの実行計画は,ファーストステップにすぎないのです。そこからさらにホップして,ステップして,ジャンプする必要があります。
 高度プロフェッショナル制は,中途半端な改革ですし(それでも野党が反対しているのですが),同一労働同一賃金は看板に偽りがある怪しげなスローガンです。解雇の金銭解決は計画の中にさえ入っていません。インディペンデント・コントラクターに対する政策も,正面から取り上げられていません(テレワークといったところでは出てきていますが)。
 これまでの順風の経済が止まりそうになっている現在,政権が思い切った雇用・労働政策に打ってでるチャンスが徐々に遠のいていかないか心配です。後から振り返って,あのときにもっとやっておくべきだったということにならないことを祈りたいものです。

|

« 経営労働政策特別委員会報告 | トップページ | 週刊ニュース深読みに出演しました »

経済」カテゴリの記事