« 激動する日本政治-共産党にチャンスか? | トップページ | 国を任せるのは,運の良い人でなければね »

2017年10月 5日 (木)

日産の無資格検査問題

 日産自動車で無資格の従業員が完成検査をしていたということで,昨日,国交大臣も経産大臣も日産自動車を厳しく非難してましたし,日産は販売済みの車のリコールを届け出るようで日産には大きな打撃となりそうです。
  ただ,いくつかわからないところがあります。
 今朝の日本経済新聞の朝刊を読むと,「国交省の道路運送車両法に基づく通達によると,出荷前にエンジンやブレーキなどの安全性をチェックする完成検査を担当するのは,社内で認定された検査員と規定している」となっていました。これは法令違反ではなく,たんなる通達違反だったのか,ということです。通達違反でもそれが問題であるのは言うまでもありませんが,ただ通達ならば,厳密にいうと,行政内部の文書にすぎないはずなので(事実上の規制力はあるでしょうが),ここまで大きな話なのか,というのが,まず確認したいことの第1点目です。
 記事では,「日産の工場では,社内の資格テストに合格した『完成検査員』に加え,合格していない『補助検査員』も完成検査に携わっていた」ということでした。この補助検査員の関与が,どの程度,完成品検査のクオリティを下げているのかも気になるところです。まったくの素人が関与していたのならともかく,どの程度の「素人」なのかも気になります。ここが確認したいことの第2点目です。
 さらに記事では,「完成検査員になるには実習経験と資格テスト合格が条件で約3カ月かかる。さらに完成検査員になっても所属工場が替わるたびに資格を取り直さなければならない」となっていました。
 所属工場が変わると,前の工場で完成検査員であっても,補助検査員になるということでしょうか。かりにそうだとすると,所属工場が変わることで,どれだけ求められる検査スキルが変わるのか,といったことも知りたいです。これは第2の確認事項とかかわりますが,確認したい第3の事項です。
 もちろん,日産は,自社における認定ルールを作っておきながら,それに従っていなかったということで,そこには問題があります。車は現在の段階ではまだ危険物なので,きわめて厳重な検査をしてから販売すべきなのは当然のことです。したがって,今回のことは報道されるべき情報ですし,社会的にも非難されるべきことです。
 ただ国民としては,これが通達違反にすぎず,実質的に検査のクオリティに影響がないようなことだとすれば,それほど大きな問題ではないかもしれないので,そこのところがほんとうはどうなのかもきちんと報道してもらいたいです。
 実はこういう疑問をもったのは,日産自動車のこのニュースが出たとき,たいへんな不祥事だと思ったので,株価が大幅に下がるのではないかと注目していました。ところが,昨日の時点で多少は下がっていますが,暴落というほどではありません。市場関係者は,このニュースをそれほど深刻な不祥事と思っていなかったのかもしれません。それなら,それはなぜかということを知りたかったのです。これは日経新聞にまさに期待されるべきことでしょう。
 もっともリコールが現実になってきたので,今日は株価が下がるかもしれませんが。

|

« 激動する日本政治-共産党にチャンスか? | トップページ | 国を任せるのは,運の良い人でなければね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事