« 東野圭吾『ブルータスの心臓』 | トップページ | ビジネスガイド最新号 »

2017年10月11日 (水)

今日は王座戦第4局

 久しぶりに将棋のことでも書きましょうか。
 あの藤井聡太四段はどうなっているかというと,29連勝のころの勢いはないものの,現時点で35勝6敗という立派な成績です。連勝が止まったあとも,16勝6敗と好成績です(現在6連勝中)。一昨日は,叡王戦四段戦で2連勝し,本戦トーナメント進出を決めました。佐々木大地四段には1回負けていましたが見事に雪辱しました。
 まだ前半少し過ぎたところで35勝というのは立派な成績です。歴代最高勝率は十分に狙える位置にいます。いくつかの棋戦で敗退してしまったので,対局数はそれほど増えていかないでしょうが,NHK杯など目立つ棋戦は残っていて,今後が楽しみです。
  王座戦は,NHKの番組で進行役をしている中村太地六段が2連勝して,羽生善治王座を角番に追い込んでいます。先日は羽生王座が勝って初勝利。ここからが大切です。ここで勝てるかどうかが,中村六段が,佐藤天彦名人のように羽ばたけるかどうかの分岐点となるでしょう。星が並んでの最終局となると,どうしても経験豊富の羽生王座が有利となります。今年は菅井竜也王位があっさり初挑戦で羽生の牙城を崩して若きタイトルホルダーになっていますが,中村六段は,すでに羽生王座とはタイトル戦を何度かやっていて手の内を読まれているところもあります。今日の対局が大勝負でしょうね。
 順位戦のA級は,前期の挑戦者の稲葉陽八段が,豊島将之八段に敗れて3敗目で残念ながら挑戦者争いから脱落です。豊島八段は快調に4連勝です。羽生二冠にすでに勝っているのが大きいですね。その他は団子レースで,むしろ3人降級となる今期は,誰が降級となるかも注目です。
 B級1組は,ただ一人50代で頑張る谷川浩司九段が,山崎隆之八段に勝って3勝1敗。良いスタートになりました。とはいえ,B級1組は,A級とほぼ同じくらいの実力者が並んでいて強敵が残っているので油断はできません。ぜひ昇級してもらいたいですが。今期は降級が1名で,現在,木村一基八段が4連敗で苦しい状況になっています。
 秋は竜王戦です。昨年は三浦騒動で大もめでしたが,今年は静かで,渡辺明竜王対羽生二冠という黄金カードとなります。熱戦を期待しましょう。
 久保利明王将への挑戦権を争う王将戦リーグは,今期は天彦名人,渡辺竜王,豊島八段,糸谷哲郎八段に,郷田真隆前王将,深浦康市九段,斉藤慎太郎七段といった豪華メンバーで,目が離せません。王将戦リーグはいつも実力者がそろういます。今期は羽生二冠がいないのは寂しいですが,それだけにみんなにチャンスがある大混戦です。絶好調の豊島八段は王将,そして名人というタイトルを虎視眈々と狙っています。叡王戦の八段戦,棋王戦トーナメントも順調に勝ち残っています。藤井四段と並んで,ここ数年足踏み状態だった豊島八段が一気にブレイクするかも大注目です。 

|

« 東野圭吾『ブルータスの心臓』 | トップページ | ビジネスガイド最新号 »

将棋」カテゴリの記事