« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月10日 (日)

夢の9秒台

 陸上の桐生祥秀選手が全日本インカレの100mで,ついに9秒台に突入しました。日本人で9秒台というのは,ほんとうに夢だったのです。たしかに伊藤浩司の絶頂期(1998年)に10秒00まで行っていたので,あともう一歩というところまで来ていました。桐生自身も4年前にすでに10秒01まで来ていました。しかし,10秒を切るかどうかは,その根拠はともかく大きな違いがあり,そこにこれまで壁がありました。日本記録は,およそ20年間停滞していたのです。
 私が陸上をやっていた高校生のころは,黒人にしか絶対無理と思われていた9秒台でしたし,いまでも,2010年に白人初の9秒台を出したフランスのLemaitre(ルメートル)はいますが,まだ圧倒的に黒人が強い競技です。日本人の9秒台は,国民を勇気づける快挙といえるでしょう。

 桐生の記録は,もちろん,日本の陸上史に残る大記録ですが,これは彼にとっての第一歩にすぎません。目指すはオリンピックでのファイナリストでしょう。今回は,世界選手権の個人競技に出れなかった挫折,大学最後のレース,自分の地位を脅かすようになった関学の多田修平へのライバル意識,適度の追い風など,いろいろな条件がそろって出た記録です。これからは普通の状態でもコンスタントに9秒台を出してもらいたいものです。

|

2017年9月 9日 (土)

自由と正義に登場

 休暇に入って何もしない癖がついてしまい,ブログの更新も面倒になり,1週間ほど休んでいましたが,ちょうど今日,「自由と正義」68巻9号が届き,そこに拙稿が掲載されていますので,ご紹介します。これをきっかけに再開しましょうかね。
 論文タイトルは,「AI時代における知的職業-弁護士業務の行方」です。いつものAI話ですが,弁護士業務はどうなるかという観点からの執筆依頼です。弁護士の皆さん,これから弁護士になろうとしている皆さん,私の話をどう捉えるかはご判断に任せますが,まじめに考えておいたほうがよいかもしれませんよ。
 AI時代においてどのような仕事が残り,どのような仕事がなくなっていくのか。また先端技術をどううまく使って働くのか。これが大切だというのは,労働者一般にあてはあまることですが,弁護士も例外ではありません。とくに知的職業とされているものほど,実は機械により代替されやすい面もあるので,より一層の注意が必要という警告でもあります。詳細は,拙著『AI時代の働き方と法』(弘文堂)もご覧になってください。
 ところで,調べてみると,「自由と正義」には初登場でした。この雑誌の名前は知っていましたが,読んだ記憶がなかったので,もしかしてと思って確認したら,執筆依頼が来たことがなかったのですね。今年はAI関係のおかげで,初登場する雑誌が多いような気がします。10月締切の原稿も初登場の雑誌があります。これもAI関係です。別に専門領域を広げたつもりはないのですが,あまり他人がやっていないようなことをやると,世界が広がるということですかね。
 

|

2017年9月 2日 (土)

働き方改革の予期せぬ効果?

働き方改革によって労働時間が短くなることはもちろん労働法的には良いことです。時間外労働はあくまでも例外的なことであり、それが短い方が法の趣旨に合致したのものと言えるでしょう。
もっとも、これまで三六協定の締結が儀式化されていた理由の1つとして、労働者の方にも時間外労働に対する拒否感が少なくなかったのではないかということを指摘してきました。労働時間短縮による残業削減(残業代減少)に対する労働者側の複雑な反応を見ているとそれが証明されたともいえそうです。
もちろん賃金が下がらない時間短縮があれば、それが労働者にとってはベストなのですが、それは経営者にとってもそう簡単なことではないでしょう。生産性が維持できれば残業代が浮いたぶんを基本給に還元可能で、それで労働者のモチベーションも高まれば労使双方にとって理想です。しかし、もしそこで時間外労働があれば、残業代の時間あたりの額が上昇するので経営者としては大変になります。
こうみると働き方改革は機械の活用による省力化を促進し、作業効率化を進めるだけでなく、さらに雇用代替の広範な影響の到来をいっそう早めるかもしれません。これは政府が想定している効果でしょうか?

| | コメント (0)

2017年9月 1日 (金)

休暇

現在休暇をとっています。日本人はもっと休まなきゃならないと言っている以上、自分で実践しなければ説得力はないと言うことを口実にパソコンも持ち込まずスマホ1つでのんびりヴァカンスしてます。さすがにメールのチェックをしないわけにはいかないので、最低限の返信はしていますが。
ただ本気で仕事をしようとするとスマホだけでかなりのことができそうです。私には十分に使いこなすスキルはまだないですが。このブログくらいなら、音声入力でそれほど苦労せずにかけます。
ところで話は変わって、今年は久しぶりに9月になっても阪神タイガースの試合が楽しめる年です。昨日の中日戦の先発メンバーを見ると1年前には予想もつかない感じです。大山4番は驚きですね。
次の広島戦で藤浪が好投すれば奇跡の大逆転Vの可能性が出てきそうですが、どうなるでしょう?

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ