« 自由と正義に登場 | トップページ | Wedge登場 »

2017年9月10日 (日)

夢の9秒台

 陸上の桐生祥秀選手が全日本インカレの100mで,ついに9秒台に突入しました。日本人で9秒台というのは,ほんとうに夢だったのです。たしかに伊藤浩司の絶頂期(1998年)に10秒00まで行っていたので,あともう一歩というところまで来ていました。桐生自身も4年前にすでに10秒01まで来ていました。しかし,10秒を切るかどうかは,その根拠はともかく大きな違いがあり,そこにこれまで壁がありました。日本記録は,およそ20年間停滞していたのです。
 私が陸上をやっていた高校生のころは,黒人にしか絶対無理と思われていた9秒台でしたし,いまでも,2010年に白人初の9秒台を出したフランスのLemaitre(ルメートル)はいますが,まだ圧倒的に黒人が強い競技です。日本人の9秒台は,国民を勇気づける快挙といえるでしょう。

 桐生の記録は,もちろん,日本の陸上史に残る大記録ですが,これは彼にとっての第一歩にすぎません。目指すはオリンピックでのファイナリストでしょう。今回は,世界選手権の個人競技に出れなかった挫折,大学最後のレース,自分の地位を脅かすようになった関学の多田修平へのライバル意識,適度の追い風など,いろいろな条件がそろって出た記録です。これからは普通の状態でもコンスタントに9秒台を出してもらいたいものです。

|

« 自由と正義に登場 | トップページ | Wedge登場 »

スポーツ」カテゴリの記事