« 藤井聡太四段 順位戦3連勝 | トップページ | 何をシェアしようか »

2017年8月12日 (土)

ビジネスガイドの「キーワードからみた労働法」の訂正

 ビジネスガイドの「キーワードからみた労働法」の最新号は,「試用目的の有期労働契約」というテーマで,福原学園事件の最高裁判決が登場したことを受けて,神戸弘陵学園事件・最高裁判決との比較という視点でとりあげました。
 ところで,その原稿から最後からの2つ目の段落で,文章に誤りがありました。校了後に気づいたのですが,間に合いませんでした。ビジネスガイドのHPに掲載されているので(http://www.horei.co.jp/bg/owabi.html),ご確認ください。読者のみなさんには,たいへんご迷惑をかけました。深くお詫び申し上げます。
 実は,この原稿は,ゲラが出たあと,字数を大幅にカットするために,最後のほうの部分に大きく手を入れていました。手を入れる前の原稿では,最後から二つ目の段落は,次のようになっていました。
 「ただ,無期労働契約への転換への合理的期待がある場合には,労働契約の期間が試用期間になるという解釈はあり得ます。もし,この解釈が可能であるとすると,神戸弘陵学園事件・最高裁判決のいう『期間の満了により右雇用契約が当然に終了する旨の明確な合意が当事者間に成立しているなどの特段の事情が認められる場合』以外は試用期間になるという解釈準則に,新たな解釈準則が追加されることになります。」
 この内容が適切かどうかは議論があるところでしょうが,「特段の事情」の意味は間違っていませんでした。ところが,この原稿を手直しする途中で,「特段の事情」をどういうわけか逆に解釈してしまい,その結果,間違った表現になってしまいました。
 ちょうどこの原稿の校了後数日経った7月29日に,神戸労働法研究会が行われて,JILPTの山本陽大君が,この福原学園事件・最高裁判決の報告をしてくれました。その議論をしているときに,ふと原稿を直し間違えていたのではないか,ということに気づきました。しかし,もう間に合いませんでした。
 今後は,このようなことがないよう注意をいたします。

 またこの事件の位置づけ自体,研究会の議論をふまえて,もう少し追加したいところも出てきました。これは,またそのうちに書きます。

|

« 藤井聡太四段 順位戦3連勝 | トップページ | 何をシェアしようか »

私の著作」カテゴリの記事