« 神戸の花火大会 | トップページ | 凋落の兆し? »

2017年8月 7日 (月)

黒革の手帳

 武井咲の主演で,再び「黒革の手帳」がテレビでやるということだったので,まだ読んだことがなかった原作をKindleで読みました。上下巻でしたが,あっというまに読み終えました。
 テレビでは,米倉涼子主演で有名でしたが,そのときは見たことはありませんでした。今回は,武井咲の立派なママぶりで,思わず見惚れてしまいました。
 清張の原作では,主人公の原口元子は冴えない銀行員という設定でしたが,テレビでは正社員ではなく派遣社員になってしまいました。派遣社員の恨みというほうが動機としてより説得力があるということでしょうかね。銀行の借名口座の存在を手帳に書き取り,それで銀行から大金を横領し,その後銀行を脅して返済請求を放棄させ,その金をもとでに銀座でクラブのママになった元子。しかし,元子の横領のために,支店長らは左遷されます。さらにクラブの客のなかで借名口座をもっていた産婦人科の院長(テレビでは美容外科の院長)がいたことを突きとめて,その客からもお金を出させるなどし,さらに調子に乗って金持ちの弱点を突いてお金を脅し取ろうとした元子でしたが,復讐の魔の手が迫っていました。結局,見事に罠にはめられてしまった元子の最期は悲惨でした。
 不動産登記の移転についての錯誤無効が一つのポイントでしたが,議員の口利き,医大への裏口入学,弁護士もおそれる大物総会屋など,元子の敵は彼女がかなうような相手ではありませんでした。それでも,一人の女性が,銀行から堂々と横領をして,銀座にクラブをもつというスケールの大きな設定に,裏社会の問題を絡ませる手法は,清張ならではでしょうかね。
 今回のテレビドラマでは,設定が少し変わっているので,これからどういう結末になるのか気になります。
 手帳に手書きというのは,いかにも古くて,リメイク版なら,もう少し違った設定にもできたのでしょうが,銀座のママにはやっぱり黒革の手帳がお似合いなのでしょうね。

|

« 神戸の花火大会 | トップページ | 凋落の兆し? »

読書ノート」カテゴリの記事