« 堀江貴文『多動力』 | トップページ | 経済教室 »

2017年8月29日 (火)

全国学力テストに思う

 全国学力テストは,都道府県対抗戦のようになっているのですね。でもあまり競争をあおってはいけないということで,正答率は小数点を四捨五入して整数にしたため,同点のところが多く,あまり差がはっきりしないことになりました。教育に活かすというのであれば,公表しないで,各都道府県に自分の順位を伝えて,低いところには反省を促すということでもいいと思います。なんでも公表すればよいというものではないと思うのですが。
 兵庫のライバルは大阪でしょうか。いや大阪は全国最低レベルですね。隣の県というと鳥取や岡山でしょうか。これは兵庫が優越意識をもっていてライバルとは思いにくいかもしれません。なんていうバカな議論をしながら,ついつい表を見てしまいますね。
 司法試験のことも思い出しました。法科大学院間でも合格率が数字に出るので,競争心がかなり強いです。もうすぐ合格発表がありますね。
 司法試験にせよ,学力テストにせよ,数字の競争が強まると,テストで点をとらせるためにどうすればよいかというテクニックに走りがちになります。教育改善につながればいいですがね。
 とくに学力テストのほうは,できの悪い学生に特訓をして過度な負担がかかるということにならないよう祈りたいです。小学校や中学校では,国語や数学が出来なくても立派な人になれるのです。そういうことをいうと,無責任なことを言うなという反論がきますが,でも国語や数学が出来なくても,運動,音楽,絵画が得意ということはあるでしょう。どっちのほうが,これからの社会で成功するのでしょうか。
 AI時代に必要な教育は何かが大切です。そこを間違って,意味のない教育に,教師や子供を駆り立てて,結果として,疲弊した教育労働者と子供たちだけが残ったということにならないよう,くれぐれもお願いします。

|

« 堀江貴文『多動力』 | トップページ | 経済教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事