« 凋落の兆し? | トップページ | 第136回神戸労働法研究会その1 »

2017年8月 8日 (火)

ちょい乗り経験

 先日,東京に行ったとき,丸の内線の本郷三丁目から,東大正門前までタクシーに乗りました。初乗り410円で済みました。距離はたいしたことはなく,歩いて10分で行けますが,昼間だったので汗だくになるのがわかっていました。荷物もあったので,バスに乗ろうかと思ったのですが,一度410円タクシーに乗ってみようと思いました。軽く乗れる感がよかったです。Apple pay を使えたので,支払いも楽でした。これだと超近距離でも,みんな軽い気持ちで乗るのではないでしょうか。
 7月31日の日本経済新聞の電子版には,次のような記事が出ていました。
 「日本交通(東京・千代田)など東京都のタクシー大手4社は都内の一部について初乗り運賃を1月30日に改定した効果で,半年間の営業収入の合計が前年同期に比べ6.8%増えた。日本経済新聞社が31日まとめた利用実績で明らかになった。初乗り運賃が下がったことを実感しやすい2キロメートルまでの利用回数は2割増の740万回。短距離の「ちょい乗り」需要がタクシー利用回数を増やし,全体の増収につながった。」
 これですよね。「ちょい乗り」需要は,ものすごくあるはずです。高齢者になってからの医者通いも「ちょい乗り」の距離のところも少なくないでしょう。神戸圏ではまだ「ちょい乗り」タクシーはないと思いますので,ぜひ導入してほしいですね。
 それと,まだクレジットカードが使えないタクシーが多いのも問題です。現金なしで乗れるようにしてほしいです。クレジットカード対応可は必須ですし,できればApple pay 対応(IDかSuica)でお願いできればと思います。どうせ何年か経てば,現金のやりとりはなくなるので,早めに対応したほうがいいですよ。

|

« 凋落の兆し? | トップページ | 第136回神戸労働法研究会その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事