« 第136回神戸労働法研究会その1 | トップページ | ビジネスガイドの「キーワードからみた労働法」の訂正 »

2017年8月11日 (金)

藤井聡太四段 順位戦3連勝

 順位戦C級2組で,藤井聡太四段が,高見泰地五段に勝ち,3連勝となりました。今回はすきっと勝ちましたね。寄せも早くて見事でした。
 新人の藤井四段の順位は最下位に近い45位で,このクラスは3人しか昇級できません。1つでも負ければ今期の昇級は難しくなります。全勝(10勝)しても昇級できない可能性さえあります。ただ,3戦終わったところで,全勝の藤井四段は7位に浮上しました。藤井四段より上位で3戦全勝が6人しかいないということです。順位戦の対戦相手はすべてあらかじめ決まっていますが,そのなかには現在上位の6人は含まれていないので,直接対決で引きずりおろすことはできません。ただ,この前に負けた三枚堂達也四段(2勝1敗)との対局が最終戦に入っています。そこまで全勝で行けるでしょうか。今期の通算成績は25勝3敗となりました(勝率は0.893)。
   羽生善治三冠に菅井竜也七段が挑戦している王位戦は,羽生三冠が勝って1勝2敗となりました。羽生三冠は,棋王戦挑戦者決定トーナメントで,まさかの及川拓馬六段に完敗という番狂わせがあったのですが,こういうのを引きずらないのが羽生三冠の強さですね。王位戦は,これから菅井七段がどこまで羽生王位を追い込めることができるかが楽しみです。
 A級順位戦は一斉対局ではないので,ぽつぽつと3回戦に入っています。稲葉陽八段は深浦康市九段に勝って2勝1敗。2期連続の挑戦に向かって前進です。深浦九段は1勝1敗です。広瀬章人八段は佐藤康光九段に敗れて,ともに1勝2敗です。A級昇級以降,安定した成績を残している広瀬八段ですが,序盤での2敗は痛いですね。次の久保利明王将(2勝)と羽生三冠(1勝1敗)との対局が前半の山場でしょうか。

|

« 第136回神戸労働法研究会その1 | トップページ | ビジネスガイドの「キーワードからみた労働法」の訂正 »

将棋」カテゴリの記事