« 日経新聞(地方版)に登場 | トップページ | 小池真理子『ノスタルジア』 »

2017年7月15日 (土)

広島日帰り出張

 昨日は,広島県労働委員会の委員研修の講師に招かれて,広島に行ってきました(その前の日は14都道府県の労働委員会の使用者委員の会議が,兵庫県担当であったため,そこでの講師もしました)。演題は,拙著のタイトルとおりの「AI時代の働き方と法」としました。現在の働き方改革の話をしてもよかったのですが,時間が限られているし,どうせなら私しか話せないような内容で話したほうがよいだろうと思い,このタイトルを選択しました(前日もタイトルは『第4次産業革命と雇用』と違っていましたが,やはりAIと労働政策の話が中心的な内容でした)。労働委員会での研修は,以前に佐賀と大分でやったことがあり,たぶんこれが3回目だと思います。やはり西日本が多いですね。
 講演のなかでは,自営的就労の話もしました。自営的就労については,公正取引委員会も動き出しており,今後,厚生労働省との縄張り争いが深刻となるかもしれません。私のところにも,先月,公取の方が話を聞きに来られましたが,まだ十分に論点がしぼれていない感じでした。ただ,ちょっと功を焦っている感じもあり,ほんとうは私たち研究者が地道な基礎研究をしたうえで,それを政策に反映させるという手順をふんだほうがよいのになという気はしています。
 私が労働法のニューフロンティアと呼んでいるように,自営的就労というテーマは,研究者にとって宝の山です。労働法の研究者も,競争法などの他分野の人たちとコラボしながら研究を進めていく必要があるでしょう。講演で呼ばれたときも,必ず自営的就労のことを話すようにしており,多くの人に関心をもってもらうよう努めています。
 それで広島の話に戻りますと,とても楽しかったです。なんと言っても,神戸から1時間くらいでいけるので,移動が楽でした。懇親会にも呼んでいただき,委員の方も職員の方もよくしてくださり,雰囲気もとてもよかったです。昨年から広島の公益委員をやっている山川和義君と久しぶりに会えたのもよかったです。短時間の滞在でしたが,広島にはとても良い印象が残りました。宮島は以前から気に入っていたところで,旅行に行ったこともあります。今回は時間がなかったですが,また近いうちに宮島に遊びに行きたいと思います。帰りは賀茂鶴ゴールドともみじまんじゅうをお土産に買いました(ついでに獺祭も買いました)。

|

« 日経新聞(地方版)に登場 | トップページ | 小池真理子『ノスタルジア』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事