« 兵庫県知事選 | トップページ | 井戸さんが5選 »

2017年7月 2日 (日)

藤井四段30連勝ならず

 藤井ブームがこれで沈静化するでしょうか。藤井聡太四段の連勝は29で止まりました。佐々木勇気五段の将棋は完璧でした。藤井四段はノーチャンスだったですね。将棋は先手が,正しく指してミスをしなければ勝てるということでしょう。佐々木五段の豊かな才能を感じさせられた一局でした。でも,藤井四段の29連勝,しかもデビュー以来ということがつくと,相撲の双葉山の69連勝,女子レスリングの吉田沙保里の206連勝に,匹敵するといえば言い過ぎでしょうか。
 将棋ファンとしては,マスコミがこれだけ注目してくれたことに喜びを感じるとともに,あまりに一般の人が将棋を知らないのだということを再発見もできました。棋士の方,もっと普及に頑張りましょう。ひふみんばかりでは,イメージが偏ります。
 いつもの棋戦情報に戻ると,棋聖戦の第3局は,挑戦者の斎藤慎太郎七段が,羽生善治三冠に勝ちました。後手の羽生三冠が意表をつく振り飛車で,斎藤七段は穴熊で対抗し,これに羽生は猛烈に攻めかかりましたが,斎藤七段はしっかりかわし,最後は羽生玉を見事に仕留めました。これで流れが変わるでしょうか。
 女流王位戦は最終局にまでもつれましたが,里見香奈女流王位が伊藤紗恵女流二段に勝ち防衛しました。女流の将棋は,激しい攻め合いが多いのですが,今回もなかなか面白かったです。伊藤さんは,見せ場を十分に作ってくれました。
 順位戦はB級1組もついに始まりました。わが谷川浩司九段は,今期も不調ですが,順位戦初戦は,ハッシーこと橋本崇載八段に大逆転勝ちで幸先の良い出だしです。最近,ハッシーには連敗していたので,ここでの勝利をきっかけに復調をはたしてほしいです。
 昇級組の斎藤七段は,九段に昇進した木村一基九段に勝ちました。勢いに乗っています。もう一人の昇級組の菅井竜也七段は,阿久津主税八段に敗れました。そのほかは,前期惜しくも昇級を逃した山崎隆之八段は,前期ぎりぎりで降級を逃れた郷田真隆九段に勝ち,B級1組の常連となりつつある松尾歩八段は,丸山忠久九段に勝ちました。糸谷哲郎八段は明け番です。
 今期のB級1組は名人経験者(谷川,丸山),竜王経験者(谷川,糸谷)がいるなどハイレベルです。前王将の郷田九段もいますし,現在,羽生三冠に挑戦中の斎藤七段もいます。そして菅井七段も,王位戦で羽生三冠への挑戦を決めました。谷川九段にはA級復帰を目指してもらいたいですが,これだけの新旧の実力者がそろうと,現実的には,残留を目標とすることになるでしょうかね。

|

« 兵庫県知事選 | トップページ | 井戸さんが5選 »

将棋」カテゴリの記事