« フィガロの結婚 | トップページ | テレビは怖い »

2017年7月24日 (月)

藤井聡太四段(1日で)2勝

 B級1組の2回戦で,谷川浩司九段が斉藤慎太郎七段に勝って2連勝となりました。斉藤七段は1勝1敗です。関西の後輩若手に貫禄の勝利です。全盛期を思わせるような豪快な将棋で76手で若手強豪の斉藤七段を投了に追い込みました。やはり順位戦となると,持ち時間が長いので,実力を発揮できますね。2連勝は阿久津主税八段と谷川浩司九段だけです。初戦が空けだった糸谷哲郎八段は1勝です。2連敗は木村一基九段と丸山忠久九段。今年のB級1組は,A級以上の激戦と言われています。誰もが昇級も降級もあるという感じです。谷川九段はまずは残留をめざしてほしいですが,今期の降級は1人とはいえ,やはり5勝はしなければ安心できないでしょう。 
 藤井聡太四段は,棋聖戦の一次予選で2局対局しました。初戦は,西川慶二七段との対局は,かなり危ない勝ちだったように思えましたが,二局目の阪口悟五段には,前回は大逆転での辛勝の相手でしたが,今回は完勝でした。これで今期23勝2敗となりました(通算で33勝2敗)。もっとも,今回の相手は二人とも棋界では最弱の部類の相手ですので(失礼かもしれませんが),勝って当然でしょう。若手四段の間は棋戦の一番下からやるので,最初はこういう相手が多く,勝ち数も稼げます。問われるのは,勝ち数ではなく,内容です。もう少し歯ごたえのある相手との対局が来ればいいのですが。
  明日からは,王位戦です。羽生善治王位と菅井竜也七段の対局です(2日制)。菅井七段1勝を受けての第2局です。

|

« フィガロの結婚 | トップページ | テレビは怖い »

将棋」カテゴリの記事