« 北朝鮮リスクにどう立ち向かうか | トップページ | 藤井聡太四段20連勝 »

2017年6月 3日 (土)

官僚をなめたらいけない

  おごれる平家は久しからず。先週の日本経済新聞のコラム「春秋」に,前川前文部事務次官のプライベートな記事が出たことについて,「まさか,平清盛が都に放ったという『かむろ』のごとき密偵が,東京の盛り場をうろついているわけでもあるまい」とありました。清盛を例に出したことから,暗に,安倍政権をおごれる平家になぞらえたことがうかがわれます。露骨な批判は避けていますが,それだけにこのコラムは強烈なインパクトがありました。
 官邸の前川つぶしは完全に失敗しました。折しも「共謀罪」が監視社会を生むという不安が高まっているなか,いくら官僚とはいえ,その私生活を暴き,官房長官がそれをネタに敵意むき出しで攻撃するというのはいけませんね。イメージ戦略をとろうとしたのでしょうが,そんなことで国民をごまかせると考えていることが,非常に不愉快ですね。
 案の定,前川さんの良い人エピソードが続出です。私は,信頼できる方から,前川さんはとても良い人だということを聞いています。どうも前川さんは嘘をつくような人ではなさそうです。「法廷」では,証人の信用性を失わせる証拠を提出するということはあるのですが,今回の全世界に公開されている「法廷」では,一方当事者である権力者が,白を黒にしようと強引な立証方法をとっているという印象を与えてしまい,しかも証人の信用性を高める証拠が次々出てきたのですから,みっともないことです。
 背景には,内閣府とその他の省庁との争いというのもあるのでしょう。岩盤規制が崩されていくことについては,良い面もあり,官庁がこれに抵抗することには問題もあります。しかし,このブログでも書いたように,規制改革推進のメニューのなかにはおかしなものもあります。やたらと迅速性を求め,乱暴で拙速な議論が進められていくなかに,実は首相のお友達案件まですべりこんでいる,となると,これは国民としては看過できません。
 文科省に対しては,大学教員としては複雑な気持ちがありますし,それほど応援したい気もしませんが,それと前川氏の問題は別です。正論をつらぬく前川氏が昨年6月に事務次官となったことが,官邸にとっては目障りな存在だったのでしょうか。今年はじめの天下り問題発覚・引責辞任が,あのタイミングで出てきたことも,実は前川潰しの一環であったのでは,と疑いたくもあります。
 官房長官は,真実はどうかはさておき,まずは個人攻撃をしたことの行き過ぎを謝罪すべきでしょう。そして,森友にしても,加計にしても,首相は,直接的な責任はなかったとしても,周りの「忖度」が行き過ぎたことの管理不行届きについては謝罪を検討すべきでしょう。そうでもしなければ,おさまりがつかないです。自民党一強を支えてきた支持率が急降下する可能性もあります。そして事実の解明は,国会の証人喚問でやるべきでしょう。自民党は反対しているようですが,これを認めないかぎり,自民党に分が悪くなることは避けられないでしょう。
 もう一つ,安倍首相推奨の読売新聞の週刊誌並みの品のない記事も困ったものです(いまはWEB上は削除されているようです)し,実はある関西ローカルのテレビ番組で,コメンテータとして出ていた産経新聞の人が,前川氏の問題は政治に関係ないのであまり国会で取り上げないでいいという趣旨の発言をしていたことも気になりました。別に政策面で安倍政権びいきでもいいですが,権力にすり寄っているような印象を与えるのは,マスコミとしては自殺行為でしょう。

|

« 北朝鮮リスクにどう立ち向かうか | トップページ | 藤井聡太四段20連勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事