« 観光と年休 | トップページ | 藤井聡太四段25連勝 »

2017年6月 9日 (金)

辻井さんのコンサート

 辻井伸行さんと服部百音さんのコンサートを聴くために,大阪のフェスティバルホールに行ってきました。前日に地元の西宮の兵庫県立芸術文化センターでもコンサートがあったのですが,今学期は水曜夜に授業が入っていたので,ちょっと遠かったのですが大阪まで行ってきました(東京の人は大阪と神戸は同一地域圏と思っているかもしれませんが,私たち神戸人にとっては梅田よりむこうは文化圏も違うし,ちょっとした遠足気分です)。フェスティバルホールは,昔は何度か行ったことがありました(妹のバレエの発表会やピアノの発表会で行ったような記憶があります)が,改装後は初めてでした。とても立派なホールでしたね。
 演奏は,前半は服部百音さんのヴァイオリン。1曲目がソロで,2曲目はオーケストラバックの協奏曲でした。熱演でしたし,スポットライトのために暑そうで,その意味でも熱演でした。
 後半に辻井さんが登場しました。私にとっては,半年ぶりくらいでしょうか。1曲目は,ショパンの英雄ポロネーズ。見事な演奏でした。2曲目は,こちらもオーケストラの協奏曲です。ショパンのピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11でした。約40分の熱演でした。
 いつも思うのですが,「英雄」は,最初に両手でジャンと入る(表現が稚拙ですみません)ので,目が見えない辻井さんは,鍵盤の位置とかが大丈夫かなと思うのですが,演奏に入る前に鍵盤を少し触るだけで,距離感とかはつかめるのでしょうね。ただ協奏曲のほうは,指揮者とのアイコンタクトができないわけで,入るタイミングが難しくないのかなと思ってしまうのですが,これは辻井さんクラスにははなはだ失礼な,素人の余計な心配ですね。
 アンコールは,再び服部百音さんが登場して,辻井さんと二人の演奏になったのですが,そこで選ばれた曲は,なんとNHK大河ドラマで使われた「真田丸のテーマ」でした。意外なアンコール曲でしたが,これもまたよかったです。こちらはヴァイオリンが主役で,辻井さんがピアノで支えるという感じになりましたが,二人の息はぴったりで,辻井さんがお兄ちゃん的にみえてきて,微笑ましかったです。
 個人的には,オーケストラバックよりも,ピアノソロか,ピアノとバイオリンだけというほうが,辻井さんの優しいピアノ演奏がより引き立つのではないかと思いました。
 今度はどこで聞くことができるでしょうか。チケット入手が困難な辻井さんですが,かつては長崎まで追いかけたこともあるくらいですので,日本のどこまでも行きますよ。
 帰りは久しぶりに新地の「わかな」に行って,ごうやちゃんぷるときんきの塩焼きを食べて帰ってきました。長い1日でした。

|

« 観光と年休 | トップページ | 藤井聡太四段25連勝 »

音楽」カテゴリの記事