« 菊池寛『真珠夫人』 | トップページ | フリーランスの契約保護 »

2017年5月19日 (金)

藤井聡太四段18連勝

 ついに表題は名人戦よりも藤井四段のほうを選択することとしました。
 まずは名人戦から。第4局が終わり,後手の佐藤天彦名人が,稲葉陽八段に勝ちました。これで2勝2敗のタイです(後手番の4連勝)。素人には難しすぎる戦型の将棋でした。稲葉八段の穴熊,佐藤名人の右玉となりましたが,稲葉八段の遠見の角が結局不発だったようです。名人は玉飛接近の悪形で素人がやると叱られますが,名人に定跡なしです。佐藤名人は20日にソフトのチャンピオンのPonanzaと第2局がありますが,盛り上がりは今一つですね。ここで負けると,名人がAIに完敗となって,本来は「事件」なのですが,名人が勝つと予想している人はほとんどいないのではないでしょうか。
 いまの話題はやはり藤井四段です。若手が出場する加古川青流戦(トーナメント)で,竹内雄悟四段との初戦がありました。先手の竹内四段が振り飛車,後手の藤井四段の居飛車でした。3四角を突かない最新先方のようです。途中では竹内四段に勝ち筋が何度かあったようですが,最後は藤井四段が勝ちきりました。すでに藤井四段は相手に信用されているので,相手が自分で転んでくれるというところもあるようです。
 勝負の世界は信用が大切で,相手になめられると,相手が最善手を指しやすくなります。藤井四段はまだデビューして18戦です(公式戦)が,1度も負けていないということで,すでに対戦相手は藤井四段の指す手を信用して怖がるという現象が起きているのではないかと思います。
 次の近藤誠也五段は強敵です。藤井四段の真価が問われるところでしょう。

|

« 菊池寛『真珠夫人』 | トップページ | フリーランスの契約保護 »

将棋」カテゴリの記事