« 日本法令から3本 | トップページ | 政府の残業規制案に欠けているもの »

2017年2月15日 (水)

伊岡瞬『もしも俺たちが天使なら』

   伊岡瞬『もしも俺たちが天使なら』(幻冬舎文庫)を読みました。前に紹介した『代償』で気になっていた著者だったので,もう1冊買ってみました。『代償』は,救いようのない悪人の話だったのですが,今回の主人公の詐欺師,谷川涼一は,ネズミ小僧的な,ちょっといい悪人で,この人が,喧嘩が強いが女にもてるヒモや元刑事(どの登場人物も,どうみても私の回りにはいそうにない人たち)と組んで,ヒモの実家のぶどう園を乗っ取ろうとした悪い詐欺師の青木に立ち向かってやっつけるというエンターテインメント小説です。
 ぶどう園を敬遠するヒモの父は,後妻をもらっていて,その女性が美人でちょっと色っぽくて,その夫が癌で死にそうになっていて,そこにぶどう園の仕事を手伝うために青木が現れるのですが,その青木は仕事ぶりは熱心で,しかも後妻に色目をまったく使わないために遺産目的ということでもなさそうで,どうみても善良な人のようなのですが,この青木が実は詐欺師集団の幹部であり,その親分と衆道の関係にあり,でも後妻には(性的ではない)愛情をもっていて,詐欺師を引退してぶどう園で静かに暮らそうとしていたといった凝った仕掛けがされています。青木は主人公ではないのですが,この小説の良いスパイスになっています。
 私のような善良で臆病な一市民は,どこかに悪人願望があって,そういう願望を適度に満たしてくれる知的なピカレスク小説は,頭のリフレッシュにぴったりですね。
 ★★★(悪漢小説をお好きな方はどうぞ)

|

« 日本法令から3本 | トップページ | 政府の残業規制案に欠けているもの »

読書ノート」カテゴリの記事