« Renzi 敗れる | トップページ | 第128回神戸労働法研究会その1 »

2016年12月 7日 (水)

カジノ法に思う

  カジノ解禁法案などと呼ばれている「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」が,衆議院を可決しました。議員立法なのですが,民進党の人が,議員立法はけしからんと言っていたのをみて,違和感を覚えました。国会議員の仕事で最も重要なのは立法なので,議員立法の何が悪いのでしょうか。
 もっとも,この発言は,政府のなかでも見解が割れているような法案を,議員立法という形で出してくるな,ということなのでしょう。自民党のなかでも賛否は分かれているようで,これはカジノが解禁されると得をする人と損をする人がいて,それぞれ自民党の支持母体にいるからではないか,と推測ができますが,細かい事情はよくわかりません。
 カジノ解禁に関する上記の法律は,それができたからといって,ただちにカジノ解禁ということではなく,これを実施する法律が必要となります。そこでの規制のあり方については,この法案自体でかなり細かい内容の注文をつけています。たとえば,次のような規定があります。

(カジノ施設の設置及び運営に関する規制)
第十条 政府は,カジノ施設の設置及び運営に関し,カジノ施設における不正行為の防止並びにカジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響の排除を適切に行う観点から,次に掲げる事項について必要な措置を講ずるものとする。
 一 カジノ施設において行われるゲームの公正性の確保のために必要な基準に関する事項
 二 カジノ施設において用いられるチップその他の金銭の代替物の適正な利用に関する事項
 三 カジノ施設関係者及びカジノ施設の入場者から暴力団員その他カジノ施設に対する関与が不適当な者を排除するために必要な規制に関する事項
 四 犯罪の発生の予防及び通報のためのカジノ施設の設置及び運営をする者による監視及び防犯に係る設備,組織その他の体制の整備に関する事項
 五 風俗環境の保持等のために必要な規制に関する事項
 六 広告及び宣伝の規制に関する事項
 七 青少年の保護のために必要な知識の普及その他の青少年の健全育成のために必要な措置に関する事項
 八 カジノ施設の入場者がカジノ施設を利用したことに伴い悪影響を受けることを防止するために必要な措置に関する事項

 この第8号は,おそらくギャンブル依存症のことをいっているのかなと思っています。
ギャンブル依存症が問題であることは,いうまでもありません。
 ところで,私は自分がギャンブルをしないので,朝の10時前からパチンコ店に並んでいる人の気持ちが,なかなか理解できません。あそこに並んでいる人のなかにはギャンブル依存症の人も多いのではないでしょうか。駅前にあって,大きな音をならしている迷惑施設だと思うのですが,パチンコ店のことは,いろいろな歴史的背景もあって,口に出してはいけないという風潮があるような気もします。ただカジノをめぐるギャンブル依存症のことをいうのならば,まずパチンコのことについてどう考えているのかということを整理したほうがよいと思います。
 パチンコですでに依存症が起きているから,カジノで起きてもいいという話ではありません。むしろ,その逆です。駅前の誰にでも入れるようなところにパチンコ店が多数あるという現状について,どう考えるのか。
 阪神競馬場は,阪急今津線の仁川駅のすぐ東にあります。最近は仁川のあたりに行くことはありませんが,私が高校の時は仁川駅を利用して通学しており,平日は関係ないのですが,ときどき日曜に駅に行ったときは,異様な雰囲気になり,多少の恐怖を感じることもありました。この競馬場はちょっと駅に近すぎないでしょうかね(園田競馬場は,阪急神戸線の園田駅からかなり遠いです)。
 いずれにせよ,簡単にギャンブルができるところが,すぐ近くにあるということが依存症の主たる原因の一つではないでしょうか。
  かつて東京都知事の美濃部達吉は,公営ギャンブル廃止を唱えたことがありました。有名な「走れコータロー」で皮肉られていますが,でも公営ギャンブル廃止は理念的にはあってよく,カジノ解禁がダメというのなら,そこから議論を始めるということもあったはずです。カジノはダメ,パチンコ(これも景品と換金)も禁止,公営ギャンブルもやめるというようなことを,正面から打ち出すのなら,私はそちらのほうがよいと思いますが,現実にはそれは無理なのでしょう。そうなると,むしろギャンブルを認めたうえで,きちんと規制をすることに全力を傾注すべきことになります。今回のカジノ法案について,パチンコや公益ギャンブルのことを度外視して,問題点をあげつらうよりも,パチンコなども含めて,どうしたら依存症問題を解決できるか(とくに依存症にならないようにするための方策について)を考えていったほうがよいと思います。カジノ法が今後もし成立しても,大事なのは,具体的な実施法のレベルで,いかにして適切な規制を入れるかです。
 とはいえカジノを語るためには,まずは,モナコにでも行って実際に体験しておく必要があるでしょうか。いやいや,ギャンブルは勝てば運の無駄遣い,負ければ金の無駄遣いですよね。

|

« Renzi 敗れる | トップページ | 第128回神戸労働法研究会その1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事