« AI時代に向けた私の著作 | トップページ | 極上のモーツァルト »

2016年11月 9日 (水)

竜王戦

 話題の竜王戦は第3局が終わり,丸山忠久九段が連勝で2勝1敗となりました。ちょっと渡辺竜王の変調が気になります。第3局は,相穴熊での重い感じでしたが,最後は先手の丸山九段がうまく攻めきりました。竜王戦初戦こそ竜王が勝ちましたが,王将戦挑戦者決定リーグでは,久保利明九段(叡王戦で遅刻敗退という大失態をしてしまいましたが)と羽生善治三冠に連敗,竜王戦でもこれで丸山九段に連敗で4連敗です。なんとなく三浦事件で,渡辺竜王に風当たりが強くなっていて,彼もひょっとしたら精神的にまいっているかもしれませんね。丸山九段は,三浦九段に同情的であったので,敵討ちというようなところもあるでしょうか。いずれにせよ,丸山九段は,竜王戦に白星を集めてきたところもあるので,勢いにのって一気に竜王奪取をねらっているでしょう。
 その王将戦挑戦者決定リーグ(王将は郷田真隆九段)では,全勝の豊島将之七段が,新鋭の近藤誠也四段に敗れる波乱で,挑戦者争いは混沌としてきました。大本命の羽生三冠は,糸谷哲郎八段に敗れて(王座戦の雪辱です),2勝2敗です。糸谷八段は,豊島七段とならび3勝1敗ですが,糸谷は渡辺竜王(現在1勝2敗),久保九段との対戦が,豊島七段は羽生,渡辺との対戦が残っているので,まだまだ挑戦者争いの行方はわかりません。
 A級順位戦は,稲葉陽八段が羽生三冠に勝って4連勝。広瀬章人八段も4連勝で,1敗がいない状況なので,どうも新鋭二人のマッチレースになりそうです。三浦九段はおそらく12月までの対戦は不戦敗となりそうですが,1月以降に2局残っているので,これに連勝すれば3勝6敗で,星のうえでは残留の可能性があります。現在4連敗でがけっぷちの森内俊之九段は,第7局の三浦戦が気になるところでしょう。
 女流棋戦では,里見香奈女流四冠は,王座戦は2連勝(ともに快勝)で,王座奪取目前です。一方,防衛戦となる倉敷藤花は,昨日,初戦の室谷由紀女流二段(美女の誉れ高し)に敗れて黒星スタートです。これで里見さんの15連勝(今期は負けなしの14連勝でした)がとまりました。室谷さんは快勝で,これでちょっとこの戦いは目が離せなくなりました。里見一強時代が揺らぐか,ですね。

|

« AI時代に向けた私の著作 | トップページ | 極上のモーツァルト »

将棋」カテゴリの記事