« モデル就業規則 | トップページ | 講演の告知 »

2016年11月25日 (金)

毎日新聞登場

 今朝の毎日新聞の「どうする?長時間労働/上 「残業=やる気」視野奪い」という特集で登場しました(電子版では,http://mainichi.jp/articles/20161125/ddm/013/040/017000c)。毎日新聞のインタビュー記事としては,たぶん初登場です(書いたものを紹介されたことは以前にもありました)。毎日新聞は,私からは遠いものと思っていたので,取材依頼は意外でしたが,結構,記者の方と意見が合うところが多かったです。ご存じのように,私は労働時間規制については,エグゼンプションも主張しています(『労働時間制度改革』(中央経済社))が,今回は,電通事件のインパクトからの取材なので,拘束的な働き方についての実効的な規制の必要性のほうに力点をおいた内容となりました。エグゼンプションの話もしたと思いますが,今回は流れからして採りあげられなかったようです。
 絶対的上限規制,勤務間インターバル,年休取得強制という3本柱を繰り返し主張することにより,労働時間規制のあり方について,みんながもっと考えてくれるようになればいいなと思います。と同時に,本来労働者の権利であった三六協定による時間外労働のチェック,年休の時季指定が機能しなかったことへの思いもかみしめて,法の強制に頼らざるを得なくなったことへの反省,そして自ら休んでいくという意識をもつことの重要性を感じてもらえればよいなと思っています。
 この点については,すでに受けている別の媒体のインタビュー記事で,もう少し詳細な私のコメントが出てくると思います。

|

« モデル就業規則 | トップページ | 講演の告知 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2388807/68575373

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞登場:

« モデル就業規則 | トップページ | 講演の告知 »