« 安西愈・木村恵子『実務の疑問に答える労働者派遣のトラブル防止と活用のポイント』 | トップページ | 三浦九段事件 »

2016年10月15日 (土)

武石恵美子『キャリア開発論』

  武石恵美子先生から,キャリア開発論のテキストである『キャリア開発論』(中央経済社)をいただきました。たいへん勉強になりました。キーワードは自律性と多様性です。労働法と隣接領域というか,ほぼ重なっている分野であり,この教科書を使って労働法のゼミをやれば面白いだろうと思いました。そもそも私のゼミは,この本で採りあげられているような分野を中心にやってきているのです。もちろんキャリア論や人事管理の議論の専門的なところは私には教える能力はないのですが,教科書ではポイントがわかりやすく解説されており,これをベースに労働法の議論を組みあわせて議論すると,非常に実り豊かな授業になるような気がします。
 「人事と法の対話」は,有斐閣で出した本のタイトルでもありますが,これからの労働法にとってどうしても必要なことです。こういう優れた入門書が出てくると,私たちにとってキャリアや人事の研究領域との敷居が低くなり,ますます交流を深めたい気になります。
 武石先生には,2年前に神戸大学でやった,広島のマタハラ事件の最高裁判決をテーマにしたシンポジウムにご参加いただき,非常に有益な貢献をしてくださりました。今後も,こういう交流を続けることができればと願っています。

|

« 安西愈・木村恵子『実務の疑問に答える労働者派遣のトラブル防止と活用のポイント』 | トップページ | 三浦九段事件 »

読書ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2388807/67960683

この記事へのトラックバック一覧です: 武石恵美子『キャリア開発論』:

« 安西愈・木村恵子『実務の疑問に答える労働者派遣のトラブル防止と活用のポイント』 | トップページ | 三浦九段事件 »