« 吉田修一『怒り(上・下)』 | トップページ | 第127回神戸労働法研究会 »

2016年10月24日 (月)

三浦九段事件その3

 しつこいようですが・・・。一昨日の将棋のNHK杯は,なんと1億%クロ発言のハッシーと三浦九段の対戦でした。しつこく9月19日の対局であるというテロップが出ていましたので,あの事件が起こる前の対局だということを,NHKも強調しておきたかったのでしょう。
 そして勝負はというと,ハッシーの完勝でした。解説の飯島七段が,わりと三浦寄りだったので,三浦九段有利な展開を,ハッシーが逆転したようにもとれましたが,そうだったのでしょうか。勝負としては思い切った攻め合いで素人目には面白かったですが,プロ的には,橋本八段が文句なく完勝したというところでしょう。こういうところから三浦九段クロ説が出てくるのでしょうね。 もっとも早指し戦は特別で,強い棋士でも時間の短い将棋では,あっさり負けることもあるので,これだけでは何ともいえないのですが。
 三浦九段以外のネタにもふれておくと,羽生三冠が復活して,王位戦を最後2連勝で逆転防衛し,糸谷哲郎八段との王座戦は,おおかたの予想を覆して3連勝防衛ということで,一時の不調を脱してすっかり勢いが戻ってきました。A級順位戦も初戦は負けましたが,まだまだ挑戦者候補の本命であることに変わりはないでしょう。ということだったのですが,A級1年目でここまで全勝の稲葉陽八段と,本日激突して,稲葉八段が勝ったようです(3日前の叡王戦は,羽生三冠が勝っていましたす)。稲葉八段,名人へまっしぐらですが,そう簡単にはいかないでしょう。
 その他の棋戦をみると,棋王戦(棋王は渡辺明竜王)のトーナメントもベスト4がそろそろ出揃うところで,佐藤名人の挑戦なるかが注目です。王将戦(王将は郷田真隆九段)は挑戦者決定リーグ戦が始っており,豊島将之七段が3連勝と好調です。しかし,リーグには羽生三冠,渡辺竜王も入っていて,大混戦が予想されます。
 話題の竜王戦は,現在,渡辺竜王の1勝のままです。

|

« 吉田修一『怒り(上・下)』 | トップページ | 第127回神戸労働法研究会 »

将棋」カテゴリの記事