« ジャーナリストの資質 | トップページ | 正社員の作り方 »

2016年7月25日 (月)

日曜雑感

 真田丸は,ますます好調。まさかの秀次の自殺。さらに昨日は,秀吉の認知症。あまり歴史の本には出てこないストーリーですが,ドラマにできそうな少数説を組み合わせながらの展開はさすがです。歴史の本にでてこない「きり」の長澤まさみの使い方は自由自在。黒田官兵衛は出てこないのでしょうか?
 大相撲は,準優勝にはほとんど価値がないので,稀勢の里が3場所連続準優勝でも関係ないと言いたいところですが,観点を変えると,横綱が3人もいて,大関に3場所連続で準優勝されるのはどうか,という言い方もできそうです。それはともかく,稀勢の里は,日馬富士との直接対決があったのに,そこで勝てない相変わらずの勝負弱さ。協会は来場所も綱取りがかかると言っているそうですが,たしかに綱取り場所だと盛り上がるので,営業的にもそうしたいところでしょう。協会としては,和製横綱の誕生よりも,綱取り場所がずっと続いたほうが儲かるのかもしれませんね。
 阪神は泥沼。昨日は,ようやく広島に勝ちましたが,最近の戦いぶりは,暗黒時代に逆戻りした感じです。鳥谷が悪いのですが,金本が意固地になっている感じもあります。金本の現役時代の晩年,和田監督が金本を使い続けてくれたので,金本もその恩返しで鳥谷を使っているのでは,と思いたくもなります。その鳥谷の連続出場(イニング)を途切れさせた昨日は,なんとか勝ちました。阪神の打線で頼りになるのは,いまは福留と原口だけで,それに少しだけ高山が復調。点数差があれば,ドリスでなんとか逃げ切れる,という細い勝ちパターンが頼りです。 
 将棋のNHK杯は,女流二冠の加藤桃子が登場。佐藤和俊六段に挑むも完敗でした。ついでに先週行われた順位戦で,B級1組の谷川浩司九段は阿久津八段に敗れて3連敗でピンチとなりました。引退のXデーが近づいているのでしょうか。A級は稲葉陽新八段が2連勝で好調な出だしです。羽生3冠も,森内九段を破り,1勝1敗。羽生3冠は復調したかと思うと,棋王戦のトーナメントでは佐々木勇気五段に敗れて敗退です。今週は水曜から王位戦で初戦敗れた木村一基八段と,また来週月曜は棋聖戦最終局を永瀬拓矢六段と戦います。若手に2勝先行させておいて,最後は防衛というのが羽生3冠のいつものパターンですが,そのようになるかどうか。棋聖戦最終局は羽生3冠の今後を占う大勝負となります。

|

« ジャーナリストの資質 | トップページ | 正社員の作り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2388807/66672754

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜雑感:

« ジャーナリストの資質 | トップページ | 正社員の作り方 »