将棋

2020年7月17日 (金)

藤井聡太棋聖誕生とAI時代

 藤井聡太七段が棋聖のタイトルを奪取しましたね。「Abema様」のおかげで,渡辺明棋聖の投了シーンをしっかりみることができました。1711か月という記録もすごいのですが,将棋というものの本質が変わってきていることが,素人でもはっきりわかりました。
 先日の木村一基王位との王位戦第2局で,後手の藤井七段は最終盤の114手まで居玉(王様が動かないこと)でした。飛車で猛然と相手陣に切り込んでいきましたが,追い返され,逆に木村王位に反撃され,コンピュータソフトでも木村王位の評価値が85まで行き,こうなると通常はプロの対局では勝負がついているのですが,木村王位の攻撃をぎりぎりのところでかわし,ついに時間に追われた木村王位の1手の緩手をとがめて大逆転しました。大逆転というのは,ソフトの評価値をみているからで,それを知らなければ藤井七段が接戦を制したという感じでしょう。木村王位が大きなミスをしたわけではありません。見事なのが藤井七段の勝負術です。追い込まれても,決して崩れずに微差でついていく。評価値では大差となっていても,人間の指し手ですので,緩手はありえるのです。それをじっと待って諦めないことが逆転を生みます。
 昨日の相手の渡辺明棋聖は,藤井七段にとって最強の相手です。ミスはまず期待できません。第3局でも,十分に藤井対策を練って,隙なく勝ちきりました。第4局は,もし渡辺棋聖が勝てばタイとなり,流れが変わるところでした。まさに大一番でしたが,この将棋でも後手の藤井七段の玉は,序盤で4一に1手横に寄っただけで,最終盤までそこから動きませんでした。そして桂馬を使った攻めで切り込み,渡辺陣の飛車を封じ込めて,渡辺玉を左右からじわりと包囲して攻め落としました。渡辺棋聖にミスがあったとは思えません。それを上回る手を藤井七段は指したということです。
 渡辺棋聖は,藤井七段がデビューしたころ絶不調で,A級から陥落することもありました。冴えない将棋が続いていたのですが,AI時代に対応させるために,自分の将棋を組み替えたそうです。そこからずっと驚異の勝率を誇っています。藤井七段の勝ち数が多く,勝率が良いと言っても,対戦相手が渡辺棋聖とは違っています。渡辺棋聖くらいのトップ棋士となると対戦相手も強くなるので,そうは勝てないものです。それでも勝ち続けました。順位戦はB1組を無敗で抜けてA級に復帰し,A級も無敗で勝ち抜いて,現在,名人に挑戦中です。しかし,この渡辺棋聖ですら,AI時代の申し子の藤井七段には勝てませんでした。第3局でなんとか一矢報いるのが精一杯でした。
 将棋を最初に習うとき,しっかり王様を守り,それから攻めましょうと教わります。プロの対局でも,序盤は駒組みをするということで,矢倉にしたり,美濃囲いにしたり,まずは王様を守るのです。でも藤井将棋ではそういうことはありません。AIは,どうも序盤から攻めを常に考えるという思考をもっていて,攻撃は最大の防御という戦略をとります。序盤・中盤・終盤という概念もなくなっていくのかもしれません。藤井将棋もそういう感覚です。
 AIによって新たな戦略が人間にもたらされ,それを体得できた渡辺棋聖が復活し,そしてAIネイティブといえる藤井七段がその上を行くことになったような気がします。昨日の日経新聞の夕刊で谷川浩司九段が,ソフトを取り入れて研究を始めたと書かれていました。アナログ時代の攻め将棋の頂点に立った谷川九段ですが,このデジタル時代の将棋のなかでは苦戦しています。デジタル世代の若手に勝てなくなってきています。
 高度な頭脳ゲームである藤井七段が若くしてタイトルをとり,さらに王位のタイトルもとって二冠となる可能性も出てきて,まさに棋界の頂点に近づいていることは,私たちの社会の大きな変化を示すものともいえます。AIを取り入れることにより早熟の天才が出てきやすい時代となったのです。これは将棋だけでなく,社会のあらゆる分野で起こることになるでしょう。

 教育改革が喫緊の課題です。中学生でプロになった藤井聡太棋聖(もう七段と呼びません)のように,中学生で起業する子供達が出てくるかもしれません。学校教育は,その内容もデジタル変革が必要です。彼ら・彼女らが起業して社会で活躍できるための情報をきちんと与えることが,教育として絶対に必要です。これは,私が職業基礎教育と呼んでいるものです。オンライン学習がどうだとか言っている場合ではありません。教育のやり方も内容も,根本的にデジタル変革をしなければ,大変なことになります。

 先日,自宅からオンライン講演をする機会がありました。テーマは未来の労働政策ですが,最後に話したのは教育でした。「教育改革が必要」。これが,ここ数年の講演での締めのキーワードです。昨年刊行した『会社員が消える』(文春新書)も,最後に書いたのは学習と教育のことであり,このたび刊行した『デジタル変革後の「労働」と「法」』(日本法令)の最後に扱ったのは「教育」です。文部科学省の評判はいろいろありますが,他省庁がかけ声だけでデジタル化なんてできそうにない状況のなかで,文部科学省にはぜひデジタル化を先導して,存在感をアピールしてもらいたいものです。

2020年7月 2日 (木)

将棋界のトランスフォーメーション?

 藤井聡太という天才が現れて将棋界が変わりつつあるというのは,多くの人が書いていることです。強い棋士が現れて,タイトルをたくさん取っていくということは,これまでもそれほど多くはないですが,あるにはあったことです。羽生九段の七冠は異次元ですが,谷川九段も四冠をもっていたことがありますし,現在の渡辺明九段も三冠です。こういう天才棋士がこれまでも現れてはいたのですが,藤井七段は,羽生九段と違う意味で異次元なのです。羽生九段は独特の勝負術で局面を混沌とさせて逆転というようなことがよくあったのですが,いまの藤井七段はそういう感じではありません。6月以降,棋聖戦と王位戦のタイトル挑戦者決定戦で永瀬二冠(彼も強い)と対局した将棋や棋聖戦のタイトル戦で渡辺棋聖に2連勝した将棋や今日の木村王位との初戦は,勝負というよりも,究極の最善手を追い求めて神と闘っている感じです。今日も藤井七段の眼中には(おそらく)木村王位はなく,ただひたすら盤面に集中し,そして相手を攻め倒してしまいました。

 AbemaTVでは,1手ごとに評価値が出てAIの判断する候補手が良い手から順番に並べられます。序盤は作戦がいろいろあるのであまり評価値は関係ないのですが,中盤以降はAIの候補手はほぼ正解手を示しています。そして,藤井七段はほとんどAIが選ぶ手を指していきます。終盤戦になると評価値は90%を超えて,これだけみると勝ちは確実といえそうなのですが,この評価値は,AIが最善手を指し続けることが前提の評価で,2番手や3番手の手を指すと,たちまち評価値が大きく下がって逆転することもあります。しかし藤井七段はそこで間違った手を指さないのです。AIが最速最善の手で勝つのと同じような勝ち方を藤井七段はするのです。これでは人間は彼に勝てないでしょう。

 棋聖戦の第二局では,もっと衝撃的なことがありました。藤井七段が指した「3一銀」という手は,AI3番手でしか候補にあげていなかった手でした。受け一方の手で,AIはあまり好まない手だったのでしょう。しかし,Yahooニュースでみたのですが,これがAIのソフトで時間をかけて読ませると,実は最善手であることが発見されたというのです。藤井七段が23分で指した「3一銀」は,実はAIに6億手読ませたところで,突然,最善手として浮上した手だったそうです(https://news.yahoo.co.jp/byline/matsumotohirofumi/20200629-00185551/)。

 AIも手を読んでいるわけで,最善手が変わっていくこともあります。そこでようやくたどり着いた最善手に,藤井七段はあっという間に到達したのです。そんなのはまぐれだろうとは言わせない強さがあります。結局,この手のあと,渡辺棋聖は押し切られて良いところなく完敗しました。

 棋聖戦の初戦もすごかったです。最終盤で渡辺棋聖の超手数のきわどい連続王手を振り切り,最後は相手の王手に対して逆王手で返す快心の勝利でした。王手を振り切るというのは,ちょっとした読みのミスがあれば,すぐに負けになるというスリリングな綱渡りのようなものなのですが,おそらく藤井七段は,確実にそこを行けば大丈夫という細い細い道がきちんと見えていたということです。
 将棋は逆転のゲームです。羽生九段は,将棋はミスにつきもので,最後にミスをしたら負けると言っています。そこにドラマがあります。でも藤井七段は,おそらくミスをしないのです。ドラマはありません。聴衆の楽しみ方は,藤井七段とAIの知恵比べに変わりつつあります。
 将棋の言葉に「ふるえる」というものがあります。どうしても勇気をもてずに踏み込めないような状況です。将棋は勝つためには,いろんな駒を捨てていかなければなりません。それにより,相手の持ち駒が増えていくので,相手の戦力が増強されていきます。だから,普通は怖いので,できるだけ駒を捨てずに,確実に勝とうと考えたくなります。あるいは自分の陣を守ろうと考えてしまいます。しかし最後は相手の王様を詰まさなければ勝てないので,いつかは攻めなければならないのです。1瞬の隙をついて,もう一歩もひけないという状態で攻めかかるというのは,怖さをしらないAIならできますが,人間には難しいのです。そういう勇敢な将棋を指して一世を風靡したのが谷川九段で「高速の寄せ」と呼ばれ,私もそれに魅了されてきした(日経新聞の夕刊で書かれるみたいですね)。しかし,いまの藤井七段はそれを上回っているかもしれません。
 木村王位には申し訳ないですが,なんとか1勝できるかどうかという戦いになりそうです。ただ昨年も当時の豊島将之王位に挑戦したとき,木村4連敗を予想していたのに,予想が外れてタイトルをフルセットの末に取っているので,なんともいえませんが。
 頭を抱えているのは渡辺三冠でしょう。渡辺三冠は5月までは間違えなく現時点で最強棋士でした。渡辺三冠がどうしても欲しいのが名人のタイトルです。現在のタイトルの格は竜王のほうが上ですが,歴史的にも,また棋士としての名誉という点でも名人のタイトルは別格です。そして名人5期をとって永世名人になって,はじめて将棋の歴史に名を刻むことができるのです(現役では,17世名人谷川⇒18世名人森内⇒19世名人羽生と来ています。次の永世名人が第20世です)。現在,豊島竜王・名人との名人戦が始まり,初戦に勝っていよいよかというところでしたが,藤井七段との棋聖戦が併行して連敗し,そして名人戦はその後,豊島名人に2連敗という状況です。藤井七段に最年少タイトルホルダーをとられたくないので棋聖戦に全力投球したいけれど,悲願の名人も取りたい。渡辺三冠の力ならできないこともないのですが,それがちょっと難しくなってきています。
 ここで藤井七段があっさり二冠をとると,豊島・藤井2強時代となるかもしれません。そして,もし竜王戦で藤井七段が勝ち進んで(決勝トーナメントに進出が決まっていています),豊島竜王・名人から竜王をとるようなことにでもなれば,今後,何十年も君臨するかもしれない1強の王者が誕生することになる可能性もあります(藤井七段が名人をとるためには,あと3年はかかります)。

 コロナ後の社会の大変革が予想されるのですが,将棋界はひょっとするとAI並の強さをもつ一人の若者の登場によって,大きな変革が起こるかもしれません。まずは棋聖戦の第3局(79日)が注目です。渡辺明三冠としては,今後の棋士人生をかけて,時代の流れを少しでも止めるためにも,これから3連勝で逆転防衛をしなければなりません。

その他のカテゴリー