映画・テレビ

2020年1月13日 (月)

ミルクボーイ

 一夜にして人生が変わる,というのは,こういうことでしょうか。テレビ出演もほとんどなかった若手漫才師がM1のチャンピオンになって,たちまち大スターになりました。夢のある話ですね。私は,彼らの漫才をみて,それほど笑うことはできませんでした(サンドイッチマンのほうが面白い)が,それでも彼らが支持されるのはよくわかります。ボケ担当の駒場の「おかん」や「おとう」が何か忘れるという設定の下に,二人でそれが何かを推測するというのが得意のパターンです。M1では,「おかん」が忘れた好きな朝ご飯を当てるというネタです。特徴をきくとコンフレークのようだけど,でもそうでないという掛け合いをしながら,ツッコミの内海が徹底的にコンフレークを分析していきます。誰でも知っているコンフレークの特徴を,これでもかというくらい指摘しながら,内海がどんどん話を展開していくところが見せ場です。みんながそれとなく思っているところを強調して話すので,客との一体感が生まれ,それが徐々に高まっていくのがわかります。しらぬまに,駒場の「おかん」の好きなものを当てるというのはどうでもよくなっていて,それで最後に駒場が「おかん」が「コンフレークではないって言うてた」とあかして,それまでのやりとりは全く意味がないということがわかり,ずっこけます。駒場がそれをわかっていながら,内海が勝手にどんどん展開していく話に合わせていたというボケっぷりがわかり,さらに「おとん」はコンフレークとはまったく違う「サバの塩焼きちゃうかって」と言ってたというシュールなボケをかまして,「絶対ちがうやろ」と内海が言うのがオチでした。普通,ボケというのは,見た目や動きが変わったことをする人が多いのですが,駒場は,どちらかというと無個性で,体格のいいことくらいが目立つ普通の青年で,ツッコミ側の内海のほうが個性的な外見なのです(角刈り)が,そういう逆転も面白いし(しかも内容的には内海のほうがボケ的な面もある),コンフレークという普通の食べ物を,ここまで徹底的にイジるところも独創的でした。決勝では,同じような展開を,「最中」を素材としてやりました。最中業界を敵に回しそうな内容でしたが,それでも毒を感じさせないところが彼らの漫才の技でしょう。

 ネタ以外の面でも,最近では早口で何を言っているのかわからない漫才師が多い中,言葉がはっきり聞き取れ,内容も上記のようにわかりやすく,老若男女に支持されやすい安心できる漫才でした。

 彼らが真摯に芸磨きに取り組んで,ストイックに夢を思い求めてきた姿にも深い共感をおぼえます。一歩間違えれば,夢追い型ストーカーの失敗例となりかねないなか,大きな成功を遂げました。

 もちろん,ストイックに自分の芸を磨くのは,芸人である以上,当然のことのような気もします。ただ,芸人にかぎらず,誰でも,効率的にスキルを習得したり成果を出したりする方法はないか,ということを模索しがちです。そのこと自体は悪いとは思いません(意味のない苦労はやらなくてよい)が,それは楽をすればよいということではないのです。ミルクボーイの二人にとって,アルバイト以外の時間は,ひたすらネタを練り上げ,またテレビの声はかからなくても,舞台でお客さん相手にひたすら自分たちの芸を披露して,芸人としての技と感覚を磨きながら,徐々に力をつけていったのでしょう。こうしたやり方は,時間がかかったようにみえるものの,実は最短距離を走っていて,一番効率的なやり方であったのかもしれません。

 いまはまだ何もなし遂げていないが,夢はある。そのための努力もしている。そうしていると,神様が降りてくるかもしれないのです。茂木健一郎の対談集に『芸術の神様が降りてくる瞬間』(光文社)という本があります(初期のブログで紹介したことがあります)が,ミルクボーイにも漫才の神様が降りてきたのでしょう。もちろん,努力をしている人すべてに,神様が降りてくるわけではありません。世の中は不公平です。でも,ふさわしい努力をしていない人には,神様が降りてこないことも確実なことです。そのわずかな確実にすがりながら,不確実な将来に向けて歩んでいくというのが人生なのでしょう。成人となる若者に贈る言葉です。

2020年1月 2日 (木)

大晦日といえば・・・

 大晦日といえばいつも格闘技だったのですが・・・。一昨日は,ボクシングの井岡の試合はみましたが,そのあとはほとんど紅白歌合戦(後半が中心ですが)をみていました。井岡は,スタイルが変わって,観客にアピールできる戦いができるようになりましたね。モンスター井上尚弥の影響もあるのでしょうか。その井上の先日の防衛戦は,最初からみていましたが,すごい試合でした。ああいう苦しい試合でも,しっかり判定で勝ちきれる井上には,いつものKO勝ちとは違う真の強さを感じましたね。井上は,今回は紅白の審査員をしていました。2019年の顔ということでしょう。スポーツでいえば,ラグビー日本代表も紅白に登場していましたね。ラグビー選手は行儀がよく,話をさせても知性的で,他のスポーツ選手にはない品格を感じますね。
 ところで,もう何年も前から紅白歌合戦は,演歌とジャニーズと知らない歌手ばかりで面白くないので,ほとんどみていなかったのですが,一昨年たまたまトリで出てきた桑田佳祐の「勝手にシンドバット」の盛り上がりをみて,紅白もいいなと思い直すようになりました。
 今年もなかなか良かったです。なかでもAI美空ひばりを登場させたのは良かったです。前に,美空ひばりを,AIを使って蘇らせて,秋元康作詞の新曲を歌わせるという企画の番組をみたことがありました。その番組では,苦労の末にAI美空ひばりに新曲「あれから」を歌わせることに成功したのですが,その歌唱シーンには,心をゆすぶられる感動があり,思わず涙が出てきました。いったいこの感動は何なのか,自分ではうまく表現できなかったのですが,確かに,こういう心の動きを感じれることが人間の人間たるゆえんなのだなと思いました。もちろん,このAI美空ひばりの企画については,死者を蘇らせることは,死者を冒涜するといった批判はあるでしょうし(美空ひばりは天国でどのように思ったでしょうか),そこで使われた技術は悪用の危険も十分にあるのですが,それでも,それを打ち消すような圧倒的な感動がありました。紅白でAI美空ひばりが歌ったことは,AI時代の到来を象徴する出来事といえるでしょう。
 それ以外にも,石川さゆりの「津軽海峡冬景色」は素晴らしかったし,初めて聞いたビートたけしの「浅草キッド」は味があって良かったし,竹内まりやの「いのちの歌」もメッセージがよく伝わったし,ピンクのフリフリの衣装をきて歌った松田聖子は不滅だという気持ちにさせられたし,新たな進化を遂げている氷川きよしはパフォーマーとしての迫力を感じたし,米津玄師が嵐につくった「カイト」も良かったし,ゆずの「栄光の架け橋」はいつ聞いてもよく,さらに新曲の「SEIMEI」には「遺伝子」といった言葉が出てきて現代的でしたね。 
 そういえば,竹内まりやの衣装が緑であったのは,環境のグリーンを意識したものでしょうか。2020年は環境が意識される年になるでしょうね。
 あえて個人的な希望を言えば,○○坂というグループ名の女の子たちやジャニーズ系の男の子たちのグループは,おじさんにはよく区別がつかないので,それぞれ一つに限定しての参加にしてくれたらもっとよかったのですが。

2019年8月12日 (月)

Bidenは大統領になれるか

 Trump大統領の再選にとって,民主党候補として一番手強いのはBiden元副大統領だと言われています。政治経験は長く(上院議員を636年),オバマ前大統領の副大統領時代の仕事ぶりの評価も高い彼は,白人層の支持もかなり得ることができそうです。過去2度の大統領選出馬への失敗に対する同情もあるかもしれません。
 ただBiden氏にも,いろいろ問題があります。親中派とされることはともかく,Wikipediaによると,19421120日生まれであり,すでに高齢76歳の高齢です。大統領に選ばれると就任時は78歳になっています。それに加えて私が注目しているのは,あのAnita Hillのセクハラ告発問題です。
 1991年,合衆国最高裁判所において,初の黒人判事であるThurgood Marshall が引退を表明したことから,当時のGeorge Herbert Walker Bush大統領(パパ・ブッシュ)は,その後任に保守系の黒人であるClarence Thomas判事を指名しました。連邦の最高裁判事は終身制であるため,その影響力は大きく,アメリカにおいて大統領が選ぶ最も重要な政治的ポストであると言われています(現在でも,Trumpが立て続けに保守系の判事を最高裁に送り込んで,大きな問題になっています)。
 最高裁判事は上院の承認が必要であり,慣例により,上院の本会議の前に,司法委員会で審議されます。Thomas判事の指名のときも,司法委員会が開かれましたが,そのときの委員長がBidenだったのです。ここから先は,映画「Confirmation」(https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B0791YBL72)によるものとなりますが,Thomas判事には,セクハラがあったとの噂があり,Bush共和党政権と対立する民主党側は身辺調査をします。そして,かつてThomasが教育省やEEOC(雇用機会均等委員会)で働いていたときの部下であり,現在は法学部の教授であるAnita HillがThomasからセクハラにあっていたという情報をつかみ,彼女に司法委員会で証言するように依頼します。彼女は,こうした告発はやったほうが悪者になってしまうと言って渋っていたのですが,最高裁判事人事は,アメリカ人女性の人権に影響すると説得されて,証言をするのです。そのなかで,Biden委員長は,民主党員ではあったものの,あまりHillの告発に前向きに取り組みませんでした。むしろ,Anitaにセクハラの事実を克明に証言させるなど,二次的なセクハラといえるようなこともしています。全員が白人男性という司法委員会において,若い黒人女性が証言するという状況のなかで,彼女をサポートをできる立場にあったにもかかわらず,それをしなかったということで,これはBidenにとっては痛い汚点になってしまいました。最終的には上院の本会議では5248の僅差で,Thomas判事の指名は承認(confirmation)されました。Thomas判事は,まだ現役です。
 Thomasの経歴からは,彼が優れた法律家であることを示すものはありませんでした。また彼は,法的信条については徹底した沈黙路線をとっていました。それは4年前のReagan大統領のとき,Bork判事が最高裁判事に指名された際に,Borkの保守思想を警戒した民主党陣営から徹底的な抵抗があり,Borkもこれに正面から反論しましたが,最終的に指名は承認されなかったということが教訓となったと言われています(Borkは,その後,英語のスラングで,メディアなどで叩かれて公職につくことが認められないという意味の「動詞」 になり,上記の映画のなかでもThomas反対派から「bork されろ」という表現で出てきてます)。とくに,最大の争点であったのは,人工妊娠中絶の規制の違憲判断(1973年のRoe v. Wade事件)についての立場でした。Borkが最高裁判事になると,これが覆されかねないという懸念があったのです。Thomasは注意深く何も述べなかったのですが,その保守的思想から,Borkと同じと推測され,それがリベラル派からは批判の対象となっていました(これも現在,Trumpが保守的思想の最高裁判事を指名したことから,たいへん注目されています。州のなかには人工妊娠中絶を規制する法律を制定するところもあらわれ,連邦最高裁は,約半世紀ぶりに,これを合憲とする可能性が出てきたからです)。
 ところで,Thomasは,当初から,黒人だから判事になれたのではないか,という疑惑もありました。初の黒人最高裁判事であったMarshallの後任だったからです。Marshall自身は,引退会見で,「人種」を,誤った人を選ぶときのexcuse に使ってもらいたいくないと述べて,暗にThomasの適格性に疑念を示していました。会見での「there's no difference between a white snake and black snake; they'll both bite」(白い蛇と黒い蛇との間には違いはない。どちらも噛む)という発言は有名です。
 ThomasがHillに対してしたとされる行為は,身体的な接触のようなものではなく,不適切な発言や執拗なデートの誘いというレベルのものでした。そのことが,当時のBidenらを含む男性白人議員の対応を鈍いものにしたようです。多くの男性議員には身に覚えがあったからでしょう。しかし,前記のように,このときのBidenの対応が,いまとなっては汚点となってしまっているかもしれません
 セクハラがほんとうにあったかどうか,真実は不明なままですが,そのこと自体は,あまり重要ではありませんでした(Thomasとその白人の妻ら家族にとっては重要なことでしょうが)。最高裁判事の承認という一大政治ショーで,Hillの行動が大きく注目されたことにより,多くの女性たちに,男性が支配する現在の社会のままでは,女性は泣き寝入りになってしまう,だから自分たちも立ち上がろう,という勇気を与えたのです。Hillの勇気ある告発が,女性の政界進出へのきっかけを与え,社会を変えるきっかけとなったのだと思います。
 もっとも,その加害者(とされた者)が,黒人であったことは,人種差別と男女差別の政治的な問題としての優先順位(それがあるかどうかも議論がありましょうが)を逆転させるきっかけとなったのではないか,という気もしますが,このあたりはもう少し勉強してみたいと思います。
 そして現在。アメリカの人種差別問題は新たな次元に入りつつあります。白人たちが,自分たちは移民による被害者であり,あたかも自分たちの権利かのごとく移民排斥を主張し始めているのです。こんな時代だからこそ,リベラル派の民主党を長年背負ってきたBiden氏の出番という声が高まっているのかもしれません。若手のなかの急進的なリベラル派も勢いがあるものの,彼ら・彼女らではTrumpには勝てないでしょう。Biden氏の弱点は,皮肉にも男性で白人であるということかもしれませんが,それを乗り越えて,悲願の大統領ポストを得ることができるでしょうか。

 

 

 

2019年1月23日 (水)

ボヘミアン・ラプソディー

 いま話題の映画です。とりあえず観ておこうと思い,映画館に行ってきました。あまりにも高い評判を聞いていたので,感想は「そこまでではないが」という感じですが,それでもとても良い映画でした。観る価値は十分あると思います。

 クイーンのリードボーカルのフレディ・マーキュリーの伝記的な映画ですが,この映画は他にもいくつかの面があると思います。

 まずクイーンファンにとっては,たまらないものでしょう。クイーンの栄光と挫折のストーリーは,まさにフレディの人生とともにあったのです。映画のなかでは,クイーンの有名な曲がたくさん聞けますし,ボヘミアン・ラプソディーの作成秘話のようなものも出てきます。私は,どういうわけか,あまりクイーンの音楽は好きではなく,ほとんど聞いたことがなかったのですが,いま思えば,知らぬうちにクイーンの音楽は自分の周りに浸透していたのですね。そして,いまその良さを確認しているところです。ボヘミアン・ラプソディーの斬新性は,感動的です。新しいものを作ろうとしたフレディらクイーンの姿勢には,心より敬意を表したいです。

 この作品は,もう一つ,メアリーとフレディの切ない恋の物語もあります。自分の愛する彼氏がゲイであるとわかったときのメアリーの心のなかの葛藤は,想像するに余りあります。

 そして,最愛のメアリーに去られたあとのフレディの孤独。彼の周りに集まるゲイの仲間では,彼の心の空白は埋められなかったでしょう。そして,何よりも大切な「家族」であったクイーンの仲間との対立。フレディにとっては,クイーンの他のメンバーには家族がいるけれど,自分には家族がいない。夜,一緒に食事をしてくれる人もいない。フレディにとっての「家族」は,仕事上の仲間というだけでは足らなかったのでしょう。それに,メンバーのなかには,ゲイに対する偏見もあったのかもしれません。

 フレディは,彼をクイーンから隔離していた張本人であったポールの裏切りを知ります。それを教えてくれたのはメアリーでした。フレディは悔悟し,クイーンに戻ります。そしてメンバーにエイズであることを告白し,感動的なライブ・エイドをしたところで幕を閉じます(実際のものの完全コピーだそうです)。多くの観客は,ここで涙するのです。

 フレディは,新たなパートナーと残りの短い人生を送ったそうです。

 映画を観た後も,彼のハートフルな歌声がこだましています。とくにボヘミアン・ラプソディーのバラード部分(ジョー山中『人間の証明』と出だしが酷似)の,美しくも,悲しい響きを聞いていると,彼の魂の叫びが伝わってくるような気がします。

その他のカテゴリー