« 文句なく強かった藤井二冠 | トップページ | Web会議 »

2021年3月24日 (水)

月刊企業年金に登場

 「月刊企業年金」は,労働や社会保障に関する研究者がよく登場する雑誌のようですが,私は最新号(2021年4月号)に初めて寄稿することになりました(不勉強で,これまで読んだことがありませんでした)。当初「雇用制度改正の意義と課題」というテーマで依頼がありましたが,DXというテーマでどうかという提案をさせてもらって,了承を得たので,「デジタル変革と高齢者雇用」というタイトルで書きました。私が最近書くことの多いDXというテーマに高齢者雇用問題を結びつけたものです。私は,高齢者(および障害者)に対してこそ,テレワークなどのICTやその他のデジタル技術の活用が最も効果的であると考えており,講演などでもこのことは話すことがあったのですが,きちんとした媒体で活字になるものとしてはおそらく今回が初めてです(字数が限られているので,簡単に言及するにとどまっていますが)。昨年から,「DXと労働と○○」というテーマで書くことが増えているので,また同じネタで書いていると思う人がいるかもしれませんが,各媒体に合わせた内容になるようアレンジはしているつもりです。
 いま私の頭のなかで,DX,自営的就労者(フリーランス,ギグワーカーなど)と並ぶ重要なキーワードは「SDGs」です。来年あたりは,「SDGsと労働と○○」というタイトルの原稿を書くことが増えているようになればいいなと思っています。そのためにも核となるものを一つ書かなければなりませんね。ちなみにDXは,昨年7月に日本法令から出した『デジタル変革後と「労働」と「法」』が核となっていますし,DXの一つとしてのテレワークについては,これを主題にした本がもうすぐ刊行されます。
 さらにもう一つ温めているキーワードがあるのですが,それはもう少し勉強してからということで,まだ明かさないことにしておきます(といっても,すでによく使われているワードですが)。

« 文句なく強かった藤井二冠 | トップページ | Web会議 »

私の作品」カテゴリの記事